観光スポットのど真ん中にある、アクセス簡単なお土産屋さん

 

オスロでお土産

マグネット、アクセサリー、バック、文房具などプチプラ雑貨がたくさん Photo:Asaki Abumi

オスロ市庁舎の入り口、カール・ヨハン通り(王宮方面)から、徒歩1分でアクセスできるお土産屋さんが「アウドヒル・ヴィーケン」。このエリアは旅行者が多いのでギフトショップが集中していますが、ここはその中でも店内が広く、通常のギフトに加えて、クリスマス雑貨が通年で購入可能です。

1階には旅行者が喜びそうなノルウェー国旗のグッズ、先住民族サーミ人の作ったアクセサリー、ヘラジカやシロクマのキャラクターグッズが並んでいます。

映画アナ雪にも登場した!ローズマリング柄のデザイン

ローズマリング

ローズマリング柄のアイテムはこれから旅行者の間で大人気となるかも? Photo:Asaki Abumi

実は、大ヒット映画『アナと雪の女王』の制作スタッフが、舞台のインスピレーションを受けた場所が雪国ノルウェー。キャラクターのファッションや建築物など、作品中には「ローズマリング」というカラフルな花の絵柄が何度も登場しています。ショップで販売している手袋や帽子は、アナやエルサが着ていたドレス模様などを連想させるのではないでしょうか。

夏でもクリスマス気分が味わえる!

北欧のクリスマス

北欧現地のクリスマスコーディネートのお手本にもなりそう Photo:Asaki Abumi

地下に降りると、クリスマス一色のシーンが訪れる旅行者を驚かせます。クリスマス時期に限らず、1年中クリスマスグッズを販売している、珍しいお店です。北欧のサンタクロースの妖精ともいわれる「ニッセ」の置き物もたくさん。スウェーデン製のものも多いので、ノルウェー製と比べてみるのも面白いかもしれません。ツリーの飾り、キャンドルなど、スーツケースに入れて持ち帰りやすいサイズが豊富なのも嬉しい点です。
ノルウェーのお土産

トナカイや星がくるくると回る素敵なキャンドルツリー Photo:Asaki Abumi

知っておくと便利!お土産屋さんに必ずいる不思議な北欧キャラって?

 

どのお土産屋さんや定番観光スポットでも、必ずといっていいほど旅行者の目に留まるのが、2種類のキャラクターです。ひとつはキモかわキャラの妖精(妖怪)「トロール」。ノルウェーの山奥に住んでいるといわれる、イタズラ好きの生き物です。トロールのグッズは置き物や、「トロール横断注意!」のシールや絵葉書が人気があります。

 


もうひとつが、ノルウェーだけではなく、スウェーデンやデンマークにもいる「ニッセ」と呼ばれるサンタクロースの化身(妖精)。ノルウェーのニッセはお粥(かゆ)が大好きで、家畜のブタやネズミと仲良しとされています。ニッセのグッズは、置き物から文房具までさまざま。生産国やブランドによって、外見も女性から子どもまでたくさんあります。

ちょっと変わったキャラクターですが、ノルウェーの文化を色濃く反映している妖精たちです。ノルウェー旅行中にどこかで出会うかもしれません。

<DATA>
ノルウェーのお土産

市庁舎からすぐ! Photo:Asaki Abumi

Audhild Viken(アウドヒル・ヴィーケン)
住所:Fridtjof Nansens plass 6, 0160 Oslo
エリア:オスロ中心地 「オスロ観光の中心、カール・ヨハン通り」
TEL:+47 40 00 07 99
営業時間:夏季6月~8月(月~日)9:00~21:00、冬季9~12月まで(月~金)10:00~19:00、(土)10:00~18:00、(日)11:00~18:00、1月から4月後半は(月~土)10:00~17:00、5月は(月~日)10:00~20:00
定休日:1月から4月後半の日曜
アクセス:地下鉄全線Nationaltheatret駅より徒歩約2分

※1ノルウェークローネは2015年2月現在、約15.6円。おおむね16円前後で推移。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。