英語の略語を知れば、もっと楽しめる!

スマホでメッセージを送る

SNSを使って世界中の人とやりとりしよう!

TwitterやFacebookなどのSNSを、英語で使ったことはあるでしょうか。短い文でやりとりするだけなので、海外の人と気軽に会話をすることができ、思いがけず外国人の友だちができたりするかもしれません。

その際に覚えておきたいのが、SNS独特の略語。日本では(^_^) (=うれしい)のような顔文字がよく使われますが、英語では顔文字のほか、アルファベットや数字による省略がよく行われています。

例えば、これは何の略がご存じですか?

CU

Cは「シー」、Uは「ユー」、「シーユー」と読みますね。つまり同じ発音であるSee you.(またね)の略なのです。

メッセージの最後に、こういったのを見かけることもあるかもしれません。

xxx

英語でxは「キス」を意味し、xxxで「キス3つ」。これも別れのあいさつです。なぜxがキスかというと、x(エクス)の「クス」がkiss(キス)の音に似ているからとか、xがキスをするときの口をすぼめた形に近いから、などと言われます。

そもそもは時間をかけずにメッセージを打つことができることから始まったものですが、こういった略語を使うと、相手との距離が一気に縮まったような気がしてくるはず。

初心者でも気軽に使える略語

略語にはいろいろありますが、まずは初心者向けに、普段のやりとりの中にさりげなく混ぜることができる、簡単な略語を紹介します。

Plz / Pls = Please.(お願い)
Thnx = Thanks.(ありがとう)
U = you(あなた)
Ur = your(あなたの)
Urs = yours(あなたのもの)
4U = for you(あなたのために)
U2 = You too.(あなたもね)
CU = See you.(またね)
RU OK? =Are you OK?(大丈夫?)
xxx = kisses(キス。別れのあいさつ)
xoxo = kiss and hug(キスとハグ。別れのあいさつ)

U = you、R = areなど、音が同じであることを利用しているわけです。4U やU2など数字を使った例も、four = for、two = tooと、数字と単語の音がほぼ同じであることから来ています。

xxxは大文字でXXXと書くとbig kisses(大きいキス)という意味になり、小文字のときよりも強い気持ちを込めることができます。これは恋人同士とは限らず、友人同士の間でも気軽に使われます。

時には、「xxxxx」とキスが5つ並んでいたりすると、「私に気があるのかも!?」なんて思ったりしてしまうかもしれませんが、英語圏の人は、そこまで深く考えていないようなので、あくまであいさつとして考えましょう。

実際にSNSで使ってみよう

これらの略語を使うと、例えばこんなやりとりをすることができます。

A: Thnx for Ur photos.(あなたの写真ありがとう)
B: No problem. Plz send Urs.(どういたしまして。君のも送ってね)
A: OK. Next time.(わかった。次のときに)
B: CU. Have a good day.(またね。よい1日を)
A: U2. xxx(あなたもね。キス)

ところどころに略語を織り交ぜていくと、すぐに始められそうな気がしませんか?初めてやりとりする相手、もしくはよく知らない相手だとちょっとくだけすぎ、と思われることもあるかもしれないので、様子を見ながら少しずつ使ってみましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。