いつの時代も、若い世代の間で常に新しい言葉が生まれ、造語が作られていますが、日本に住んでいると海外のスラングまでは中々分からないものです。今回は特にヒップホップ界隈で流行っているスラングをいくつかご紹介しますので、皆さんも是非トライしてみて下さい!


Turnt

発音:ターント
意味:酔っ払ってワイルドになったり、盛り上がって気分がすごくアガること。普通に「楽しい」、「嬉しい」などの気持ちを表すのにも使います。

[例文]
We're going to that party and getting turnt up!!! “パーティー行って、楽しむぜ~!!”
I was so turnt last night. “昨日はちょー酔っぱらっちゃった”

Turnt

Turnt
 

Bae

発音:べー
意味:愛しい人やものを表す。Before Anyone Else(誰よりも先ず)の略語でもあります。ファレル・ウィリアムスの歌、“Come Get It Bae”で流行りました。

[例文]
Hey bae, I love you! “愛してるよ、ベイビー!”
I’m cooking for bae. “大好きな彼のために料理してるの”


Pharrell Williams "Come Get It Bae"


Rachet

発音:ラチェット
意味:ちょーゲットー、ボロボロなものやダサいこと。人や場所、こと、ものに対して使えます。

[例文]
That jacket is so ratchet. “あのジャケット、ちょーダサ~い”
She looks so rachet! “彼女、ちょーゲットーだよね~!”

Rachet

Rachet


Thot

発音:ソット
意味:性的に放縦なふしだらな人。

[例文]
That man is a thot! “あの男、ちょー遊び人だよ!”
Stay away from her, she’s a thot.“あの女は尻軽だから近づかない方がいいよ”


100

発音:ハンドレッド
意味:100% 正しいとかリアル、正直でいる。別れ際に「ピース!」のように、挨拶としても使えます。

[例文]
I keep it 100. “100パー、リアルでいる”
100. “またな!”

100

100