春におさえておくべきスーパーフードとは?

つらい花粉症の季節がやってきました

つらい花粉症の季節がやってきました

今年も花粉症が気になる春がやってきました。今回は、特にこの時季に摂りたいスーパーフードについてご紹介します。


スーパーフードってなんだっけ?

1

飲むだけ・食べるだけで花粉症症状が軽減?

まずはスーパーフードについて、おさらいしてみましょう。筆者も美容アドバイザーを務めている、日本スーパーフード協会が定めるスーパーフードの定義は、主に以下の3点を満たしていること。

・栄養バランスに優れ、豊富な栄養素を含んでいる。
・一部の健康成分が突出して多く含まれている。
・食品とサプリメントの中間のような存在。

 

2

スーパーフードがいま大人気!

ハリウッド女優などが先駆けて始めたことで、日本でもブームとなりましたが、そもそもは1980年代に、アメリカやカナダの医師たちが食事療法の一環として“スーパーフード”という言葉を使う用になりました。そう、スーパーフードとは食品でありながら、予防医療に役立つ画期的な存在なのです。

 


春のオススメスーパーフード (1)スピルリナ

それでは早速、この時季摂りたいスーパーフードを紹介していきましょう。

スピルリナとは、約30億年前に地球上に出現した最古の植物。湖の水中で育っている、らせん状をした藻の一種です。ビタミン、ミネラル、アミノ酸、βカロテン、食物繊維、不飽和脂肪酸など、50種類以上の栄養成分を含んでいることかから、「スーパーフードの王様」とも呼ばれているほど。最近では、スピルリナの腸内細菌に関わる機能が話題になっていますが、スピルリナが粘膜の免疫をアップさせるとして研究が進められています。

パウダータイプや錠剤タイプがあるので、パウダーは料理やスムージーに使用したり、錠剤はサプリメントとして毎日摂取するなど、摂りやすい方法で続けることが大切です。腸は身体に必要な成分を多く摂り込めるよう、テニスコート一面分もの広さの表面積があると言われていますが、腸内バランスが崩れると、腸から良いものを取り込みにくくなるだけでなく、悪い物質まで一緒に取りこんでしまうことにもなりかねません。腸内環境を整えることで、健康維持・エイジングケアをはじめ、アレルギー予防にも期待ができるのです。



春のオススメスーパーフード (2)ブルーグリーンアルジー

まだ日本ではサプリメントとしてもあまり目にすることがない、ブルーグリーンアルジー。スピルリナと同様に、藻の一種です。

35億年前に地球上に誕生して、あらゆる生命の起源とも言われています。また、90種類近い栄養素を含有していることから、スーパーフードの1つとされています。ミネラルは50種、ビタミン類13種、アミノ酸20種、脂肪酸4種、色素2種など、人間の理想値に近いバランスの栄養素を含んでいることが特徴で、さらに、栄養素の90%以上も人体に吸収される、まさにムダのない成分ばかりで構成されているのです。免疫力アップ作用があると言われています。


春にオススメスーパーフード (3)ビーポーレン

ビーポーレンのビーは、ミツバチの意味。ポーレンは花粉です。つまり、ビーポーレンは、ミツバチの花粉を指しています。花粉をミツバチが持ち帰る際に、唾液(天然酵素)を使って団子のような形に整えたものが、ビーポーレン。
3

半生のキャラメルのような味わい!


そしてこのビーポーレンは約90種類もの栄養素が含まれていることから、女王蜂の栄養源としても重視されています。そんな栄養成分にとんだスーパーフード、ビーポーレンですが、実はアレルゲン除去作用にも注目が集まっています。
但し、アナフィラキシーショックを起こす可能性もありますので、心配な方は事前に専門の医療機関に相談してみてください。


お気に入りのスーパーフードで、春も元気に!

いかがでしたか? まだあまり聞き慣れないものばかりだったかもしれませんが、アメリカを始めとした世界各国では既に古くから親しまれているものや、当たり前のように取り入れられているものもあります。

スーパーフードは基本的に、栄養バランスが整っているので、今回紹介した3種のスーパーフード以外にも、是非ご自身に合ったスーパーフードを探してみて下さい。内側からしっかりと対策をして、花粉症シーズンも元気に過ごしましょう!


※飲食物および健康食品による民間療法は、個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して、体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。