不意の大雪でも慌てないように、準備しておきたい除雪の道具と正しい雪かきの方法を伝授いたします。

スコップは必須、スノーダンプがあれば効率は劇的にアップ!

まず常備しておきたいのはスコップです。大雪の予報が出た後はホームセンターなどに人が押しかけて品切れになることも多いので余裕をもって買い求めておくのが鉄則です。

スコップは材質や形状にさまざまな種類がありますが、それぞれ向いた雪質や特徴があるのでそのあたりを考慮しておくとセレクトがぐっとしやすくなります。代表的なものは下の3タイプ。

■プラスチック、ポリカーボネイト製スコップ
なんといっても軽いのが特徴で、力のない女性やお年寄りでも扱いやすいのがこのタイプ。降りたての軽い雪には向いていますが、湿度を含んで、重く固くしまった雪は砕きにくくて不向き。最近ではこうしたデメリットを解消するために、先だけアルミにして雪を砕きやすくしたタイプも登場しています。

■アルミ製スコップ
鉄製よりは軽く、金属のメリットを生かして雪を砕きやすいのがアルミ製。もっともよく使われているのがこのタイプです。ただし変形しやすいので、無理な使い方をしていると破損することも。

■鉄製スコップ
昔ながらのスコップ。重くて取扱いにある程度力が必要だが、反面とにかく頑丈。固い雪も容易に砕くことができて信頼性抜群。


スノーダンプ

スノーダンプがあると雪かき効率アップ

そしてガレージなど収納スペースに余裕があるなら、 ぜひ用意しておきたいのがスノーダンプです。

地域によっては“ママさんダンプ”とも呼ばれている除雪専用の道具。これも金属製のものとプラスチックやポリカーボネイト素材のものがあります。

おすすめは金属製の底が平らなタイプ。軽量でないぶん、逆にダンプの自重が効いて、結果腕力に頼らずに雪が運べて疲れにくい。底が平らで腰を入れて押しやすいというのがおすすめの理由です。プラスチックやポリカーボネイト製に比べて壊れにくいのもスコップと同様です。


雪かきに厚着は不要、動きやすい服装で

つぎは足元。これももう長靴以外の選択肢はありません。おしゃれなスノーブーツもいいですが、作業中に雪が入ってくると非常に不快ですし、長時間濡れた状態でいるとしもやけの原因にもなります。できるだけ、ひざ下の長い長靴を選ぶと雪かきもはかどるでしょう。

手袋は軍手でもいいですが、できれば分厚いゴム製(屋外用)のほうがスコップを扱う時に滑らず、疲れにくいのでおすすめです。これもホームセンターなどで購入可能。もし軍手を選ぶなら、指にゴムが付いた少し値段の高いタイプにしましょう。天気のいい時は汗をかくのでゴム付き軍手も悪くありません。

頭を保護し、防寒にもなるので帽子は必ず着用を。おすすめはニット帽よりもつば付きの野球帽。菅笠タイプも視野確保が出来ていいし、雪が降ってきても小さな傘をさすのと同じ効果があり非常に快適です。

ウエアは薄手のものを選びましょう。雪かきは重労働。動きやすさはもちろん、汗をかいて暑くなるので厚着は避けたいところ。防寒性の高いヒートテックなどのインナーの上下に、パーカやウインドブレイカ—のようなアウターならばっちりです。ダウンジャケットはすぐに脱ぎたくなりますよ

>>つぎは雪かきのテクニックについて紹介