アウトドアの世界では軽さは機能。リュックの中に詰めて持っていくとき、いかに軽くてコンパクトに収まるのかはとても大切な要素です。とりわけ、ここ数年はウルトラライトギアのブーム。日本はもちろんアウトドアの本場アメリカでも小さなガレージメーカーがつくる超軽量アウトドアグッズが人気をあつめています。

アルミカンストーブ

ペプシカンストーブとも呼ばれる

さて、アウトドア用のコンパクトストーブといえばガスカートリッジやガソリンを燃料とするものが一般的ですが、その目的を軽量化するということに特化すれば、アルコールストーブという選択肢も生まれてくるのです。

アルコールストーブは火力が弱く、あまり複雑な調理には向かないと言われていますが、お湯をわかしてインスタントフードを調理するには十分な火力を備えているのです。

ちょっと前置きが長くなりましたが、その超軽量なアウトドアストーブは、じつは簡単に空き缶でつくることができるのです!


必要な材料はアルミ缶2つだけ!

アルミ缶ストーブの構造図

アルミ缶ストーブの構造図(ウィキペディアより)

用意するものはビールなどが入っていたアルミ缶を2本。あとは工具があれば準備オッケーです。

アメリカではペプシコーラの缶で作られることが多いため「ペプシカンストーブ」とも呼ばれています。

アルミ缶を切るのはカッターナイフとハサミが便利(切り口で手を切らないように注意!)。あとは炎の噴出口である「ジェット孔」をつくるのに直径0.5ミリのドリルがあると、作業効率があがりますよ。


■ペプシカンストーブ作成の手順
アルミ缶の切り方

カッターの高さを一定にしてアルミ缶を回すと綺麗にカットできる

【1】まず、ふたつのアルミ缶を底からそれぞれ高さ2センチ、3センチで切り取ります。アルミ缶の底を見るとぽこっと丸く真ん中がふくらんでいると思いますが、3センチの方(完成したときに上に来るジェット孔を開ける方)は、この丸の部分をくりぬいて切ってしまいましょう。

【2】一定の高さで切り出すコツはカッターの刃を2センチなら2センチの角材などにガムテープで固定して空き缶の方を回すように切り取ること。

【3】切り取った残りのアルミ缶から高さ4センチの長方形のアルミ板を切り出します。これは筒状にくるっとまるめて、2センチ、3センチに切り出したアルミ缶を組み合わせるときの内部にはめ込む副室壁になります。

パーツを切り出したところ

パーツを切り出すとこうなる

【4】1の周囲にジェット孔をあける。20~30程度等間隔で開けていきます。

【5】2の副室壁パーツの下に小さな3角形の切り込みを3箇所ほどいれて燃料の通り道をつくり、2センチの方の丸くふくらんだ底に沿うように筒状にしたらホチキスでとめます。あまった部分はカット。

【6】4をはめ込んだら上から3センチのパーツをかぶせる。あとはきっちりと組み合わせればオッケー。表面をサンドペーパーで磨けばピカピカになってカッコよくなります!


重量はなんと11グラム!まさにウルトラライト

アルミ缶ストーブ

アルミ缶を組み合わせただけなのに本格的なアウトドアとしての機能を果たすアルミ缶ストーブ

慣れれば1時間程度でつくれますが、一番難しいのは最後に副室壁をはめ込んでふたつの缶を組み合わせるところです。

完成したらさっそく使ってみましょう(燃料のアルコールはアウトドア専門店などで手に入ります)。ストーブの上からアルコールを注いだらライターで点火。最初は中心部から炎があがりますが、徐々にストーブの内部と燃料の温度が上がってくると、燃料が気化してジェット孔から炎が噴射してきます。

量りに乗せてみたら11グラムでした

なんと驚きの11グラム!!超軽量

はじめて作ったときは本当に感動しました! ちなみに写真のストーブで重量はなんと11グラム。まさにウルトラライトです 。

アウトドアに出かけなくとも、自宅でたまにはこんなDIYでアウトドア気分を楽しむのもいいものです。ぜひトライしてみくださいね。

 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。