キャンプで鍋料理! 簡単あったかレシピ

キャンプで作りたい簡単鍋料理レシピ

キャンプで作りたい簡単鍋料理レシピ


寒い季節に食べたくなるのはやっぱり鍋! 料理の腕に覚えはなくとも、鍋料理ならばまず失敗しないというのもありがたいかぎり。そこで今回はアウトドアシーンはもとより、いつもの食卓でも食べたい、体の芯からあったかーい、おすすめ鍋をご紹介します!  

鍋料理に……体が温まる食材はズバリこれ!

鍋料理と聞いてすぐに思い浮かべるものと言えば寄せ鍋やすき焼きだと思いますが、寒さが厳しいこの季節にはぜひとも、体を温める食材をたっぷりと使った鍋をぜひ試してみてください。

ポイントは、冷えに効果があり、血行をよくすると言われるビタミンEやビタミンCをたっぷりを含んだ野菜を材料に使うこと。寒い季節に旬を迎える大根やカブはまさにピッタリ。また、豆や穀類も体を温める効果が期待できます。

さらにネギやショウガ、唐辛子など、ふだんは薬味として脇役にある食材を主役に大抜擢してたっぷりと加えれば、食べるうちに汗が噴き出すほどに温まること請け合いです。どれも簡単なものばかりなので、ぜひ試してみてください!
 

汗が噴き出す!丸鷄のサムゲタン風ポトフ

1時間ほど煮込むと肉もほろほろになってお箸でくずれるくらいに

1時間ほど煮込むと肉もほろほろになってお箸でくずれるくらいに
 

まずは鶏を丸々1羽つかうことで、おいしさはもちろん見た目にもイベント感あふれるごちそう鍋をご紹介します。

鶏の骨から染み出すうまみとコラーゲンたっぷりのスープは絶品! おなかに詰めたお米がうまみぎゅーっと吸い込んでまるでリゾットのようなリッチなおいしさ。ほくほくのジャガイモや大根も体の中から温めてくれるから、冬のオートキャンプでは外せないメニューです。
丸鶏が1羽!凝縮されたうまみが野菜にも染み込みます

丸鶏が1羽!凝縮されたうまみが野菜にも染み込みます
 

■材料(4人分)
鶏 1羽
米(洗っておく) 0.5合
にんにく(薄切り) 2かけ
しょうが(薄切り) 2かけ
大根(センチ厚さのいちょう切り)1/2本
人参(乱切り)1本
ジャガイモ(それぞれ4等分) 3個
長ネギ(3センチ長さのぶつ切り) 1本
塩 こしょう 各適量
水 600ミリリットル

■つくり方
1:鶏肉は中身をよく洗い、おなかに米を詰める。このときにんにくとしょうがの各1/2かけ分混ぜて詰め、つまようじで留める。

2:鍋にジャガイモ以外の材料をすべて加え強火にかける。蓋をして沸騰したら火を弱め、40分煮る。蓋が軽い鍋の場合は別の鍋に水を張っておくなどする。

3:一旦、ふたをあけてジャガイモを加える。味見して塩、こしょうで味をととのえる。水が足りなければ適宜たしてさらに20分火にかける。

鋳物製の鍋のように重たい蓋のある鍋を使うのが調理のポイント。ない場合は別の鍋に水をはって、蓋の上に置いて重しにしましょう。
中のお米がもちもちでまるでリゾットのようなおいしさ

中のお米がもちもちでまるでリゾットのようなおいしさ

たったこれだけであっという間に絶品の鍋ができあがり。多めつくっておて翌日食べるとさらにうまみが凝縮され、格段のおいしさです。ジャガイモは煮崩れないように後から加えますが、煮崩れでとろとろになった翌日の鍋もポタージュのようなおいしさでおすすめ!
 

簡単なのに満足度満点!ピリ辛餃子鍋

ピリ辛味が寒い夜にうれしい!

ピリ辛味が寒い夜にうれしい!
 

市販の餃子を使って、本格的な四川風中華のおいしさを楽しめるのがこちら。さらにうまみを出すならアサリ缶などを加えるのも、手軽でおすすめですよ!

■材料(2人分)
餃子 12個
長ネギ(斜め切り)2分の1
セリ(5センチ長さに切る) 1束
にんにく(つぶす)1かけ
ごま油 大さじ1
水 400ミリリットル
豆板醤 小さじ1
とうがらし(半分に折る)1
顆粒鶏ガラスープ 小さじ1/2
ラー油 適量

■つくり方
1:鍋にごま油を入れにんにくを炒める。香りが立ってきたら豆板醤、唐辛子、餃子を加える。

2:水、鶏ガラスープ、ネギを加えて10分ほど煮る

3:火を弱めてセリを加えてひと煮し、ラー油を回しかける

ピリ辛風味で体がほかほかになること請け合いのこの鍋ですが、カブや大根を加えるのもおすすめ。鍋あとに春雨とゴマを加えれば、担々麺が楽しめますよ!
 

子供も大好き!ソーセージトマトカレー鍋

ソーセージとベーコンのうまみでどんどん食べられる!

ソーセージとベーコンのうまみでどんどん食べられる!


子供も大好きなソーセージがたっぷり、かつ時間がかからずに短時間で完成するのがポイント。大人だけならペッパーソースでさらにホットに楽しむのもよし。鍋あとにとろけるチーズとパスタを入れるのがおすすめです!!

■材料(4人分)
ソーセージ(好みのもの) 4袋
炒めタマネギ(市販品) 1袋
スライスベーコン(食べやすく切る)4枚
キャベツ(ざく切り) 1/2個
トマト缶(ホール 400グラム入り)1缶
固形スープの素 1個
カレールウ 2かけ
塩、こしょう 各適量

■つくり方
1:鍋を火にかけ炒めタマネギを加熱したらトマト缶を加える

2:キャベツ、ベーコン、固形スープの素を加えて火にかける。煮立ったらソーセージを加えふたをして20分ほど煮る

3:カレールウを入れ、塩、コショウで味をととのえる

コクのあるおいしさの秘密は炒めたまねぎ。1時間以上かけてタマネギを炒めなければこうはならないであろう飴色のタマネギペーストは、加えるだけで味わいに立体感を与えてくれますよ!
 

旬の野菜を丸ごといただく!塩もみ大根鍋

旬の時期に安価な大根をたっぷり食べられる鍋レシピ!

旬の時期に安価な大根をたっぷり食べられる鍋レシピ!
 

キャンプ場でやるには大根の処理が面倒くさいといえば面倒くさいのですが……旬の時期に安価な大根をたっぷり食べられる鍋レシピとしておすすめの一品です。元ネタは、僕が以前編集長をしていた雑誌エッセで紹介して大絶賛だったもの。いつアンケートをとっても不動の1位というくらいの人気です。で、これを自分流にアレンジしました

■材料(4人分)
大根 (1センチ幅、5センチ長さに切る) 1本
豚バラ肉  500g
塩 大さじ1
ごま油 大さじ1
にんにく(薄切り)1かけ
しょうが(薄切り)1かけ
赤唐辛子(小口切り)2本
酒 1/2カップ
水 1/2カップ
塩、ゆずこしょう 各適量
万能ネギ(小口切り) 適量

■つくり方
1:大根は分量のをふりしばらくおていおく

2:鍋にごま油を熱し豚バラ肉、にんにく、しょうが、赤唐辛子を加えて炒める

3:酒を【2】に加えて煮立てたら、水気を絞った【1】を加え20分ほど煮る

4:塩で味を整え、ネギ、ゆずこしょうでいただく

あっさりした大根と豚バラのうまみの組みわせはまさにゴールデンコンビ。締めに、はるさめを加えてもおいしさ満点です。もうひとつの冬野菜の王様白菜を大根に代えても!


どれも、簡単なのにおいしくて、スパイシーだから体の芯からポッカポカになること請け合いです。野外でも家でもシーンに合わせてぜひ楽しんでみてください。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。