レクリエーション名

犯人は誰だ!

必要な道具

とくに必要なし

ルールや魅力などの説明

男女混合でやるとウィンクがセクシーに見えたりして、恋が芽生えるなんてことも。本来の楽しいゲームとは違った意味でもさらに楽しめるゲームです

男女混合でやるとウィンクがセクシーに見えたりして、恋が芽生えるなんてことも。本来の楽しいゲームとは違った意味でもさらに楽しめるゲームです


「犯人は誰だ!」はこじんまりとしたキャンプファイヤーでやるとちょうど良いかもしれませんが、とても盛り上がるゲームです。どの人からもウィンクするのが見えるくらいの距離であることが前提となります。

まず、全員が目をつぶります。司会の人が「今から殺人事件が起きます」と話し、一人の肩にポンと触れます。「今肩を叩かれた人は、犯人です」と言います。

ルールはとても簡単です。

犯人はこれからも人に知られずにウィンクをすることで殺人事件を犯していくのですが、人に知られないように誰かにウィンクをします。

ウィンクされた人は5秒後に手を上げて「やられたー」といって座ります。

これをどんどん続けて、犯人はどんどんウィンクで殺していきます。

誰かが犯人が分かったら「犯人は○○さんだ!」と叫び、当たっていたら犯人を交替してゲームをスタートさせます。

ちょうどキャンプファイヤーの火しか明かりしかなく、なかなか犯人が分かりづらいのでスリルがあってとても楽しめます。

また、男女混合でやるとウィンクがセクシーに見えたりして、恋が芽生えるなんてことも。本来の楽しいゲームとは違った意味でもさらに楽しめるゲームです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。