寒い季節のオートキャンプやアウトドアでの遊びに欠かせないのが衣類の防寒に対する知識。知っているか知らなかで、同じ外気温でも天国と地獄ほどの差があります。

ポイントは衣類の素材とレイヤード、つまり“重ね着”。そのコツをご紹介します。

3つのレイヤーで分けて考える

冬季のキャンプ

寒い季節のアウトドアを快適にすごすためには衣類選びと着方が重要

まずはレイヤードの基本です。衣類を考えるときにアウターウエア、ミッドウエア、アンダーウエアと3つの層にわけてみましょう。アンダーウエアは肌に密着する下着、ミッドウエアはその上に着るシャツやセーター、そして一番外側が風や雨を避けるシェルになります。

この3つのレイヤーで、それぞれに適した素材のウエアを着ることで防寒性は驚くほどアップするのです。

寒いからといってコットン素材のスエットパンツの上にジーンズを履いても決して防寒にはなりません。風は通るばかりかゴワゴワして動きにくく、雨でも降ろうものなら最悪の状態になってしまうのです。それよりも化学繊維のアンダーウエアの上にフリースパンツ、そして耐水性のあるオーバーパンツを履けばより快適に過ごすことができます。あとはこまめに途中で脱いだり、着たりしながら体温調整をするのがポイント。早め早めの対処が肝心です。


インナーウエアは速乾素材がベスト

肌に触れる下着部分は速乾素材のものを選びましょう。濡れた衣類が肌に触った状態になるのは不快なだけでなく、野外では体力消耗につながります。僕が長年使用しているのはモンベル社のゼロポイントとパタゴニア社のキャプリーン。どちらもポリエステル100%で保温性と速乾性に優れています。それぞれ生地の厚さやラインナップが様々あるので、寒さの程度によって使い分けるのがベストです。

首周りの形状はハイネックタイプとラウンドネックタイプが一般的ですが首元からの空気の侵入がないハイネックの方が防寒性が高いです。両者のメリットを兼ね備えたジップフロントタイプもあります。個人的にはジップが肌に触れるので好きではないですが……。

衣料量販店やホームセンターなどで売られている低価格の防寒下着も使用していますが、ポリエステルにポリウレタンが混合してある素材は、保温性はそこそこ高いのですが、洗ったあとの乾き具合がいまいち。やはりアウトドア専用のものに軍配があがります

オートキャンプなどあまり動かないスポーツと違い、登山などは歩いているうちにどんどん暑くなってくるので特に専用の速乾性下着の着用はマストと言えるでしょう。


ダウンジャケットはセーターとして活用するのがベスト

続いてミッドウエアですが、近年流行しているライトダウンはダウンセーターとしてミッドウエアにするのがベストです。

ダウンジャケットはその内部に細かな空気の層をたくさんつくり、非常に保温性が高いのですが、それだけで着用してもポテンシャルは発揮できません。縫い目や生地から風が通ってしまいせっかくの暖かい空気が逃げてしまうのです。なのでセーターとしてミッドレイヤーにするのが正解。

速乾下着の上にダウンジャケットを着ることで、羽毛で出来た空気層に体温をしっかりとキープしておくことが可能になります。薄手のフリース素材のウエアもミッドウエアに向いています。気温によってはフリースとダウンセーターの併用も視野に入れましょう。


アウターは透湿性素材が最強

アウターに求めらる性能は風や雨から身を守ることです。レインウエアはその点ではアウターとして使用できますが、一般的に収納性を考えた素材を使用しており、薄手。そのため耐久性という点で専用のものに劣ると言えます。ちょっとしたところでひっかけて破れてしまったりしては元も子もありません。

おすすめはゴアテックスなど各社から出ている透湿性の高い素材を複数層貼り合わせラミネートたもの。3レイヤー素材のものなら、強靭なのに体からの汗は外部にしっかり逃してくれるため、蒸れもなく快適です。ただ難点は価格が高いこと。とはいえ素材面だけではなくアウトドア専用のアウターはポケットやファスナー部分にフラップがついていて風雨の侵入を防いだり、ドローコードで袖口などを調整できたりと使い勝手がよいものです。バーゲンなどを利用して型落ちものを買うのがおすすめです。


パンツも考え方は同じ

山歩きシーン

気温が低くても動けば汗をかくもの。速乾素材を選ぶことは不可欠

パンツも基本的な考え方は同じです。速乾性の下着の上に化学繊維のパンツ。伸縮性があればより快適に過ごせるでしょう。

通常はこれで十分かと思いますが、さらにアウターがあれば最強! 極寒の環境に対応した肩紐がついたいわゆるオーバーオール的なスタイルのものなら腰も切れずに防寒性能はさらにアップ。野外での活動性があがります。

すべての「首」まわりの防ぐ基本をわすれずに

さて、こうしたレイヤードで鉄壁の重ね着をしても肝心なところを抑えてなければその性能はがた落ちになります。それは、すべての「首」まわりをしっかり防御するということ。首、手首、足首。冷たい空気や雨の進入路となる「首」はベルクロテープなどで調整してしっかり閉じること。フリース素材のネックウォーマーなどをするのもおすすめです。

ばっちり防寒して寒い季節も元気にアウトドアで遊びましょう!



投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。