女性の方が男性より痩せにくい・ダイエットに成功しにくい?

女性は男性に比べて痩せにくい?

男性は女性に比べてダイエット成功率が高い!

一般的に、男性の方が女性よりもダイエットに成功しやすいと言われていますが、それは、当社のダイエット個別指導で得られたデータでも明らかになっています。さて、いったいその理由は何なのでしょう? 理由がわかれば対処法も見えてきます!
   

頑張ってるのに痩せられない!ダイエットの不思議

雑誌等でダイエット特集が多く取り上げられたり、日々の生活の中で常にダイエットを意識しているのは女性の方が圧倒的に多いのに、「ダイエットを続けられない」「何をやっても痩せない」「痩せてもすぐにリバウンドしてしまう」「お菓子をやめられない」と、通年悩み続けているのも圧倒的に女性が多いのが実情です。様々なダイエット法を試しているのも圧倒的に女性の方が多いのに、いったい何がダイエット失敗の原因なのでしょうか? ダイエットに成功しやすい男性と比較してみましょう。
 

ダイエットが続かない原因は女性ホルモン?

女性ホルモンはダイエットに大きく関係している1つの要素です。女性ホルモンが心身に与える影響について、月経前や排卵期の体調の変化でそれを体感している人も多いでしょう。生涯の間で体内で分泌される女性ホルモンはティースプーン1杯程度ととても少ない量ですが、それが与える影響はとても大きいのです。

月経前や排卵期は気分が落ち込んだり、イライラしたり、食欲が増加したり、眠気が強くなったり、だるくなったり、と、これらは月経周期を導いている女性ホルモンの仕業です。妊娠前や更年期の心身の変化にも同じことが言えます。

個人差はありますが、これらの影響が強ければ強いほどダイエットの継続率がぐんと下がることは個別指導の中でもはっきりとその傾向が見られます。食事制限や運動を頑張っているのに、排卵期や生理前の気持ちの落ち込みでダイエットに対して前向きになれなくなる。そして食欲が増加してドカ食いしてしまう。これらの行動がさらに自信の喪失となり、「もういいや」となってしまうのです。そしてまた再び頑張れたとしても、また翌月の排卵・月経期になって同じ状況に陥ってしまう。女性ホルモンに心身を振り回されることのない男性の方がモチベーションを維持しやすいのも納得ですよね。

 

ダイエットを決意した時に見られる行動の違い

女性ホルモン以外にも、男性と女性では、ダイエットに対して起こす行動に大きな違いが見られます。男性は、ダイエットを決意すると比較的短期間で集中的に食事制限や運動を行う傾向がありますが(筋トレやジョギングをすぐに習慣化したりとストイックに努力を続け、短期決戦で劇的に肉体改造を行います)、一方で女性はと言うと、まずは雑誌や書籍、インターネットで話題になっているダイエット情報を探し、さらに、その中でも樂に短期間で痩せられる方法を探す傾向が見られます。運動を始める場合も、いきなりジョギングではなく、自宅内でDVDエクササイズやストレッチ、簡単な自宅ヨガを始めたり、ウォーキングから開始して激しい運動は好みません。
 

男性がモチベーションを維持できるのはなぜ?

さて、ダイエットを決意した際の行動に男女でこのような違いが見られるのはなぜでしょう? それは、男性の方が結果を出しやすい=頑張った分だけカラダにすぐに反映されるので、それがさらなるモチベーションとなってダイエットを継続することができるからです。その要因は主に2つあります。1つは、男性は筋トレ効果が高く、筋肉が育ちやすい=ボディラインの変化がすぐにわかる。もう1つは、女性よりも男性の方に多くついている内臓脂肪は、女性の方に多くついている皮下脂肪よりも運動で落ちやすい=お腹がすぐにへこむのでボディラインの変化がすぐにわかる。つまり、男性の方が女性よりも頑張った分の結果がすぐに表れてくるのでモチベーションを高く持ち続けることができ、その結果ダイエットに成功しやすい、ということです。さらに、女性ホルモンによる心身への影響がないのですから、それだけを見ても女性と比べると有利ですよね。

 

ダイエットに不利な女性の対策方法は?

ダイエット成功において不利なことが多い女性は、それでは永遠に成功できず晩年ダイエッターのままなのでしょうか? 女性が成功させる秘訣は、女性のカラダの特性を理解した上で心身に負担のかからない現実的なダイエット方法でダイエットを計画することです。

毎月の月経サイクルで感じる心身の変化を理解できていれば、

・生理前は無理な運動計画はたてないようにしよう
・生理が終わったら運動をたくさんしよう
・生理前はだるいからウォーキングだけにしておこう
・生理が終わったらカラダが楽になるからジョギングをしよう

と心得ることができるので、月経サイクルに伴う心身の変化に沿って1カ月間の予定をスケジュールできます。生理前で食欲がわきやすいのであれば、

・生理前にお菓子を食べたくなる時に備えて、ダイエット用のお菓子をストックしておこう
・生理前はお菓子を食べても良いけど、生理が終わったら食欲が落ち着くからお菓子は食べないようにしよう
・生理前になったら大好きなチョコレートを食べても良いけど、生理が終わったら、甘いものはドライフルーツにしよう

などのようにマイルールを決めておくのもオススメです。他にも、男性のように一度のダイエットで成功するためには、何か流行のものや情報に振り回されるのではなく、食事改善を心掛け、肉体改造のための運動にすぐ取り組むようにしてみましょう。多くの方のダイエット個別指導を行っていて、結局は痩せるためには食事改善・運動習慣を身に着ける・生活習慣の改善、この3つにつきると思っています。

心身の変化を理解した上で、ダイエットにストイックになる時期と心身を休めてあげる時期とを区別してダイエットに取り組めるようになると、ダイエットの挫折体験の数が減るのでモチベーションも維持しやすくなります。女性ホルモンの影響を受けやすい女性はどうしても気持ちを振り回されがちですが、それと向き合ってきちんと理解することがダイエット成功の秘訣とも言えます。短期決戦よりも長期でダイエットを成功させるという考えで取り組みましょう。

【関連記事】



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。