年間を通じて、実に多くのマラソン大会が開催されています。多くはインターネット上でエントリーを受け付けており、クレジット決済に対応するなど、大会参加の手続きは簡単でしょう。パソコンの前に座って検索し、クリック&入力するだけでエントリーが完了します。

しかしあまり考えずエントリーしてしまうと、「失敗した」と後から後悔してしまうかもしれません。そこで、大会選びで失敗しないためのポイントを、失敗例別にいくつかご紹介していきます。これから大会エントリーを考えているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

走力レベルと大会難度

マラソン大会は、1つとして同じものがありません。意図したものかは別として、例えば砂利道を走ったり、坂道が多かったり、あるいは制限時間が厳しいものもあるでしょう。同じ42.195kmという距離であっても、それを走り切る難度は大会によって異なります
もちろんフルマラソンに限らず、10kmやハーフマラソン、あるいはウルトラマンでも同様です。そこでまず、以下のような点について大会ホームページ等から情報を集めてください。
    course

    コースによって「走りにくい」と感じることも

  • 獲得標高(高低差)
  • 最も急な勾配角度
  • コースの舗装率
  • 制限時間
  • 関門時間
初めてマラソン大会に出場する、あるいは記録を狙う方であれば、できる限りアップダウンの少ないフラットコースが良いでしょう。勾配や舗装率などは公開されていない場合もありますので、走ったことのある知り合いに聞くか、大会運営者に確認すると安心です。

また、見落としがちなのが「関門時間」です。
例えばレースの制限時間が6時間で、自身の走力から見ても大丈夫だとしましょう。しかし関門は、必ずしもこの制限時間を距離で割ったものではありません。つまり制限時間に対する全体の最低平均ペースと、関門までの最低平均ペースが違うということ。「1km8分半で走ればゴールに間に合う」と思っていたら、実は30km関門までは1km8分ペースで走らないと間に合わない設定で、知らずに関門アウトしてしまった…なんていう事態が、実際に起きています。

参加にかかるトータルコスト

大会によってエントリー費が異なります。フルマラソンであれば5,000~10,000円程度が中心となっており、100kmマラソンならば20,000円を超える場合もあるでしょう。大会運営には大きなコストが掛かり、その費用はエイドの充実性やスタッフ数、設備などによって変わるのです。

cost

全体でかかる費用からお財布と相談しましょう

しかし、単純にエントリー費だけで「安いから」と選ぶと、失敗するかもしれません。マラソン大会に出場するためには、エントリー費以外にも次のような費用が発生します。
  • 交通費
  • 宿泊費
  • 駐車場利用費
  • 写真購入費 など
  •  
特に遠方からレースに参加する場合には、交通宿泊費が大きく掛かるでしょう。ホテル等の宿泊費相場は地域によっても異なりますので、注意してください。駐車場は大会によって有料・無料が分かれ、有料の場合には事前応募が必要というケースがほとんどです。

また、「近ければ安い」と思われがちですが、ここにも落とし穴があります。例えば東京→大阪へ移動すれば、新幹線の通常料金は片道約15,000円です。これに対し、東京→沖縄へ移動するとしましょう。時期にもよりますが、LCC(格安航空会社)を利用すれば片道10,000円弱で行ける場合もあります。大阪と沖縄、東京からどちらが遠いかについては、言うまでもありません。