銀行のリバースモーゲージのメリット・デメリット

リバースモーゲージには、自治体などの公的機関によるものと、商業銀行によるものの2種類ありますが、本稿でのご紹介は商業銀行のリバースモーゲージに限定します。

リバースモーゲージとは

リバースモーゲージの活用

リバースモーゲージの活用

その仕組みは「持ち家」のある人が、その「持ち家」を担保に金融機関からお金を借りることですが、簡単に言うと、「持ち家」のある人が『将来に家を売る約束をして、住み続けながら、その前金を受け取る仕組み。』です。家を売るのは、自分の死後。家を売ったお金から借金を返済して、残ったお金が相続財産として遺族にわたります。

銀行によって多様な取り組み

リバースモーゲージを取り扱っているのは限られた金融機関なのですが、その数少ない金融機関においても、次のように取り組み方が異なるようです。

・一定期間ごとに一定額が融資される年金方式の金融機関
・融資可能額の範囲内で、まとまった金額を一括で融資する金融機関
・決められた枠内であれば、いつでも追加融資を受けられる金融機関
・毎月の支払いは無く、利息は将来の精算時に一括支払いの金融機関
・毎月、利息だけは支払う金融機関

次のページでは、リバースモーゲージのメリットとデメリットについてみてみます。