手作りスクラッチシールの付いたユニークな年賀状

スクラッチ年賀状

手作りスクラッチシールの付いた年賀状

欧米ではクリスマスが近づくと大切な人へクリスマスカードを送る習慣がありますが、お正月に新年を祝う葉書を送るのは日本を始めアジア圏特有の習慣のようです。毎年元旦の朝に届く年賀状は、とてもさりげなくて、それでいて実は心のこもった贈り物なのです。ぜひこの日本の素敵な習慣を子どもと一緒に守り続けましょう。

近年は年賀状におみくじシールを貼って送る事が流行っていますが、今年は手作りのスクラッチシールでオリジナルのおみくじを作ってみませんか? スクラッチシールは銀色の部分をコインで削ると下から文字が現れます。新年に初めて引いたおみくじが「大吉」だったら、受け取った人はきっと大喜びしてくれますよ。

スクラッチシールおみくじの作り方

材料:アクリル絵の具(シルバー)、台所用洗剤(できれば無色)、白いクレヨン、油性マーカー

メッセージ

油性ペンで書いてください。

1.年賀状に油性マーカーで文字を書きます。内容はおみくじやメッセージが良いでしょう。

 
白いクレヨン

白いクレヨンを塗ります。

2.白いクレヨンで文字の上を塗ります。

 
色を塗る

一回り大きく塗ってください。

3.文字の周りを一回り大きく塗ってください。

 
絵の具と洗剤

アクリル絵の具と台所用洗剤

4.銀色のアクリル絵の具と台所用洗剤を用意します。アクリル絵の具は画材店や東急ハンズなどで売っています。

 
紙皿

紙皿に絵具と洗剤を入れます。

5.紙皿に絵の具と洗剤を1対1の割合で出します。

 
混ぜる

よく混ぜ合わせます。

6.絵筆又はプラスチックのスプーンでよく混ぜ合わせます。

 
絵の具を塗る

メッセージの上に絵具を塗ります。

7.文字の上に絵具を薄く塗ります。 絵筆の方が綺麗に塗れますが、スプーンの背で塗ってもかまいません。

 
乾燥

半日乾燥させます。

8.半日ほど置いてしっかりと乾かします。

 
削る

コインで削ります。

9.コインで削ると文字が現れます。

*生乾きの状態で削ると上手く削れませんので注意してください。




 

スクラッチシールの下に隠されているのは内緒のメッセージ?

手作りスクラッチシールは好みの形や大きさの物が作れるので、スクラッチシールの下にメッセージを潜ませることもできますよ。吹き出しにメッセージを書き、まるで干支の動物が話しているようなデザインにするのも面白いです。スクラッチの下に隠されているのは、年賀状を受け取った人だけが読める秘密のメッセージ? ぜひ受け取った人が笑顔になれるような楽しい年賀状を作ってくださいね。

メッセージでもOK

気持ちが伝わるメッセージでもOKです。


~子どもと一緒に作る年賀状関連記事~
お子さんに教えよう! 年賀状の基本ルール
「おみくじシール」でかわいい年賀状づくり
作って遊べて飾れる「nanoblock年賀状」


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。