新年を祝うヨーロッパ伝統のお菓子・王様のケーキ

ガレット・デ・ロア

ガレット・デ・ロア

1月6日、ヨーロッパでは公現祭と言うキリスト教のお祝いをします。公現祭とは、東方の三博士がお祝いを持ってイエス・キリストの元にたどり着いた日のこと。待降節(たいこうせつ)から始まったヨーロッパのクリスマス期間が、この公現祭の日でようやく終わりを迎えます。

そしてヨーロッパの国々では、この日に家族や友人が集まり、王様のケーキと呼ばれるお菓子を切り分け新年を祝います。12月から飾っていたクリスマスツリーはこの日に片づけるのが習わし。翌日には不要になったクリスマスツリーが家の前に出され、回収されるのを待つことになるのですが、この光景はまるで日本の松の内が明けたかのようですよ!

■王様のケーキ、ガレット・デ・ロア

ベルギーの様子

フェーブが当たった人は紙の王冠をかぶります。

王様のお菓子の中で最も有名な物は、フランス北部のガレット・デ・ロアです。ガレット・デ・ロアの中にはアーモンドクリームとフェーブと呼ばれる小さな陶器の人形が入っており、切り分けたパイの中にフェーブが入っていた人はその日一日紙でできた王冠をかぶり、王様・女王様になれるのです。また、フェーブが当たった人はその一年が良い年になると言われ、みんなから祝福を受けるのです。

 

ヨーロッパ各国にある王様のケーキ
ぼーろ・れい

ポルトガルのボーロ・レイ

王様のケーキにはパンのようなタイプもあり、歴史的にはこちらの方が古いそうです。南仏やノルマンディー地方では、ブリオッシュ生地のパン・デ・ロアを食べます。スペインやポルトガルにも同じようなお菓子があり、ロスコン・デ・レイエス(スペイン)、ボーロ・レイ(ポルトガル)と呼ばれます。ドイツではパウンドケーキ風の王様のケーキ・ケーニッヒクーヘンを食べます。どの国も共通しているのは、王様のケーキと言う名前、ドライフルーツ、ナッツ、砂糖漬けのフルーツが入った円形のお菓子、紙の王冠かフェーブがついていることでした。

 

大人気! 世界中にいるフェーブコレクター

いろいろなフェーブ

いろいろなフェーブ

ガレット・デ・ロアの中にはフェーブと呼ばれる人形が入っています。フェーブはフランス語で豆と言う意味で、本来はお菓子の中に豆を入れて焼いていたそうです。それが後々に進化して今は陶器や金属製の人形となりました。

フェーブの種類
フェーブは種類の多さとその可愛らしさで、世界中に多くのコレクターがいます。フランスでは人気のケーキ屋兼パン屋が毎年オリジナルのフェーブを製造・販売するので、毎年必ず購入している人が沢山います。フェーブはキリストの誕生を表した宗教的な物、ガレット・デ・ロア、王冠、建物、食べ物など色々あります。スーパーマーケットでは大量生産されたガレット・デ・ロアが販売され、その年の人気の映画やキャラクターのフェーブが入っていました。蚤の市でも、昔の貴重なフェーブが売られていることもあります。

王冠も個性的です
王冠

王冠の種類も豊富です。

有名店は毎年年末にフェーブと王冠のデザインを発表します。中にはオリジナルな王冠を作っているお店もあるのでチェックしてみてください。ガレット・デ・ロアは日本にも広まってきているので、ぜひ家族や友人とヨーロッパ流に新年を祝ってみてくださいね。


 
》次ページでは、ガレット・デ・ロアの作り方を紹介しています。