シャルケの本拠地ゲルゼンキルヒェンに内田選手の応援に行こう!

schalke1

「ケーニヒスブラウ(王者の青)」の愛称を持つシャルケ04。写真はバイエルンとのホーム試合 (C) FC Gelsenkirchen-Schalke 04 e.V.

日本人選手の活躍も目覚ましく、ますます注目を集めるドイツのサッカーリーグ「ブンデスリーガ」。なかでも人気の内田選手が所属する「FCシャルケ04(FC Schalke 04)」は、日本での知名度がひときわ高いチームです。シャルケの本拠地は、ドイツ西部のノルトライン・ヴェストファーレン州の小都市ゲルゼンキルヒェン(Gelsenkirchen)。近郊にはドルトムントやメンヒェングラートバッハほか強豪チームがひしめく、ドイツきってのサッカー地帯です。とくにライバル関係にあるドルトムントとのダービーマッチは有名で、毎回ものすごい盛り上がりをみせます。

shop

ショップカタログもガテン系でかっこいい!

シャルケは、産業革命で重工業が発展した1904年、当時炭鉱で栄えていたゲルゼンキルヒェンの炭鉱夫を中心に結成されたサッカーチーム(シャルケの名称の04は1904年設立の意味)。炭鉱業が衰退した今、町にはどこか寂しさが漂っていますが、それだけに市民のサッカー熱は半端ではありません。シャルケは「ケーニヒスブラウ Königsblau(王者の青)」とともに「クナッペン Knappen(若い炭鉱夫たち)」という愛称をもち、チームのマスコットも、普通は動物なのにシャルケの場合は炭鉱夫。選手の炭鉱体験が恒例となっていたり、カタログのモデルも炭鉱夫風にするなど、ルーツである「労働者のためのサッカー」を強くアピールしています。

ちなみに内田選手の名前は、現地ドイツ語読みだとウチダが「ウシダ」となり、シャルカー(シャルケファン)たちからは「ウシ」「ウッシー」と親しみを込めて呼ばれています。

■シャルケ04の公式HP
ドイツ語版日本語版
※ドイツ語版の方が情報量は多いです

<関連記事>
シャルケの町情報>>>シャルケファン必見!本拠地ゲルゼンキルヒェンの観光
永遠のライバル>>>香川フィーバーに沸くドルトムントの観戦ガイド
旅の拠点としておすすめの町>>>デュッセルドルフ/ドイツ

ゲルゼンキルヒェンへのアクセス

hbf

ゲルゼンキルヒェン中央駅。シャルケのスタジアムへ行く時は地下の乗り場からトラムで約15分

2014年11月現在、日本からドイツへの直行便は、フランクフルト、ミュンヘン、デュッセルドルフ行の便があります。このなかでゲルゼンキルヒェンに一番近いのはデュッセルドルフ空港。デュッセルドルフは在住日本人が多い便利な町で、シャルケやドルトムントを観戦する際にはここを拠点にするのが一般的です。

<鉄道>
・デュッセルドルフ中央駅からゲルゼンキルヒェン中央駅までIC(特急)かRE(快速)で約45分。

・フランクフルト空港駅からICEで2時間~。フランクフルト中央駅からだとICEで2時間20分~。途中エッセンやケルンで乗り換えの便が多い。

・ドルトムント中央駅からSバーンで約30分。

次のページでは観戦チケットの入手方法やスタジアムをご紹介します。