3分でむくみを改善!慣れれば1分でできる!

1日仕事を終えて家に戻ってくると、脚がむくんで重だるい……。マッサージがいいのはわかるけど、なかなか毎日続かない。そんな経験をしている方も多いのではないでしょうか。

実は、簡単にむくみが解消され美脚になるマッサージ法があります。そのポイントはツボ押しとリンパドレナージュの組合せ。簡単にむくみが取れて、スッキリすると脚も細くなり、美脚になるマッサージ法をご紹介します。実は慣れれば1分程度のマッサージで改善できます。お風呂入りながらやテレビを見ながら、スッキリ解消していきましょう!

むくみ解消のカギ、「リンパ」って何? 

リンパは身体の細胞と細胞の間を流れている水分(「間質液(かんしつえき)」)と特別な免疫を担当している細胞が混ざった液体のことで、リンパ管という管の中にあります。

リンパは、血液の栄養素と絶えず物質交換をしています。また余分な水分は血液にもどされ、尿として身体の外に出されますが、このリンパの流れが悪くなると、細胞と細胞の間にある水分(体の中の余分な水分)が増えるのでむくんできます。これが美脚の大敵、むくみの主な原因です。

マッサージをする前にむくみチェック

簡単美脚マッサージをする前と後でどのような変化が起きたかチェックしましょう。この「ビフォー・アフターチェック」をすると、自分の脚の変化を感じられるので、毎日マッサージが楽しくなりますよ。

ふくらはぎのむくみチェック

ふくらはぎのむくみチェック

まず、イスに座ります(床に体育座りのような形でも大丈夫)。 右脚から、両手の手のひらで包むよにふくらはぎをかるく触れます(写真)。 同じように左脚も確認します。

今回ご紹介するマッサージ法を右脚だけやった後にもう一度確認すると、左脚よりも細くなっているのがわかるので、お手入れのモチベーションが上がります。それでは始めましょう。

 

リンパドレナージュ(1分間)

リンパ節の位置

リンパ節の位置

はじめに脚にある鼠径(ソケイ)リンパ節と膝窩(しつか)リンパ節という2ヶ所のリンパドレナージュを行いましょう。

 
鼠径(そけい)リンパ節をドレナージュ

鼠径(そけい)リンパ節をドレナージュ

1-1鼠径リンパ節のリンパドレナージュ

脚の付け根を両手の親指でグーと押します。ここは鼠径(そけい)リンパ節というリンパが溜まりやすい場所。ゆっくりと深呼吸して、息をはくときにグーッと押し込みます。これを3回行います。

 
膝窩(シツカ)リンパ節をリンパドレナージュ

膝窩(シツカ)リンパ節をリンパドレナージュ

1-2膝窩リンパ節のリンパドレナージュ

次に、膝裏を写真のように親指で押します。ここは膝窩(シツカ)リンパ節という同じくリンパが溜まりやすい場所。同様に深呼吸してグーッと3回押します。

 

次は、「ツボ押し&引き締めマッサージ」です>>