高齢者の不眠症に睡眠薬は効くのか

高齢者が睡眠薬を安全に使うには

高齢者が睡眠薬を安全に使うには


病気や症状の治療のために薬を飲むときは、効果と副作用のバランスが大事になります。

効果抜群で副作用ゼロの薬が理想ですが、残念なことにそういう都合のよい薬はありません。実際には、ある程度の効果があって副作用が少ない薬が、患者さんの体調などに合わせて処方されます。

これまでのデータから、高齢者の原発性不眠症(ほかの病気が原因ではない不眠症)には、非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬が勧められています。「マイスリー」や「アモバン」、「ルネスタ」などが、非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬です。

これらの薬は、寝つきを良くして長く眠らせてくれます。日中の眠気も減って、不眠症の重症度を軽くしてくれます。一方、転倒しやすくなるため、十分な注意が必要です。

昔から使われてきたベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、あまり使わないように勧められています。睡眠時間を長くしてくれるのですが、転倒や骨折のリスクが高まって、良い効果よりも悪い副作用のほうが強く出やすいからです。ベンゾジアゼピン系睡眠薬の代表的なものは、「ハルシオン」や「レンドルミン」、「サイレース」などです。

メラトニンに似た働きをする「ロゼレム」は、寝つきが良くなり、副作用は少ないといわれています。高齢者はメラトニンが減っているので、それを補う意味で効果があるかもしれません。実際に処方したときの感じでは、催眠効果がやや弱い印象があります。

覚醒系神経に働くオレキシンをブロックして不眠症を治療する「ベルソムラ」という薬もあります。ベルソムラはベンゾジアゼピン系薬に比べて、転倒や日中の眠気などの副作用が少なくなっています。また、寝つきが悪い入眠障害の人だけでなく、夜中に目が覚めてしまう中途覚醒の人にも効果があります。
 

高齢者は睡眠薬の副作用が出やすい……ふらつきや転倒に注意

高齢者の睡眠薬使用時は転倒に注意

高齢者の睡眠薬使用時は転倒に注意


飲んだ薬は肝臓や腎臓で分解されて、体の外に出されます。高齢者では若い人に比べて、薬の分解能力が落ちるので、若い人と同じ分量の薬を飲むと血液中の薬の濃度が高くなります。

体の中に睡眠薬が多いということは、不眠を改善する効果が高いといえますが、同時に副作用を出やすい状態でもあります。

睡眠薬の副作用として多いものは、薬が効きすぎて日中も眠気が取れないことや、体に力が入らなくなって転び、骨折してしまうことなどです。

必要以上に血液中の薬の濃度が高まると、効果よりも副作用のほうが強く出ます。ですから、高齢者は若い人に比べて副作用が出やすく注意が必要です。睡眠薬を飲むときは、効果と副作用のバランスをよく考えましょう。
 

認知症がある人に睡眠薬は効くのか

認知症の高齢者に睡眠薬は効くのか

認知症の高齢者に睡眠薬は効くのか


認知症になると、脳の細胞が減ったり、神経細胞同士をつなぐ連絡路が途切れたりします。

睡眠や覚醒のコントロールを行っている脳の部分が障害されると、眠れなくなったり、寝過ぎるようになったり、昼に眠って夜は起きている(昼夜逆転)ようになったりします。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬や非ベンゾジアゼピン系睡眠薬、鎮静系抗うつ薬の「デジレル」や「レスリン」、「クエチアピン」や「リスパダール」などの非定型的抗精神病薬が、認知症の人の不眠症に効くという報告が一部ではあります。

しかし残念ながら、認知症の不眠症に対して、本当に睡眠薬が効くかどうかは、まだはっきり分かっていません。もし、このような場合に睡眠薬を飲むのであれば、副作用である転倒や認知症上の悪化に十分、注意しなければなりません。


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項