絶大なダイエット効果を持つスクワット

スクワット2

衰えやすい背面の筋肉

スクワットは大臀筋と呼ばれるお尻の筋肉や、大腿四頭筋と呼ばれる太ももの筋肉、さらに鍛えにくく衰えやすいと言われる太もも裏のハムストリングスといった大きな筋肉をはじめとする、下半身の様々な筋肉群が使われます。そのため、消費するエネルギー量も非常に大きく、ダイエットには最高のトレーニングと言えるでしょう。

運動神経が抜群のバリバリのアスリートも日頃の身体づくりに取り入れるスクワット。そのため、「足が太くなるのでスクワットはやりたくない」と思う女性も多いかもしれません。しかし、基礎代謝を上げ、代謝を良くするためにはある程度の筋肉は必要不可欠ですし、筋肉量が多い方が脂肪は燃えやすい身体になります。また、女性は元々の筋肉量も少ないので、よほどのトレーニングを積まない限り、必要以上に「足が太くなる」ということはありません。


スクワットが幅広く愛される理由

スクワット2

やり方によって負荷は自由自在のスクワット

スクワットという種目がアスリートから一般の女性、最近ではお年寄りにまで行われるようになっているのは、回数やセット数、持つバーベルやダンベルの重さによって、負荷がいくらでも変えられるからです。アスリートのみなさんが重いバーベルを持って行うのは、それなりの筋肉やパワーが備わっているから。普段全く運動をしない方や、辛いのは苦手!という方は、正しいフォームでさえ行えば、もちろん重りは持たず、少ない回数から行うだけでも、十分な効果を発揮してくれるんです。1日30秒という短い時間なら、続けられる方も多いのではないでしょうか?!まずはスクワットの正しいやり方をマスターし、効果的に筋力アップをしていきましょう!

スクワットには様々な種類がありますが、今回は衰えやすい太ももの裏や、垂れやすいヒップに絶大に効果をあらわすスクワットをご紹介します。

次のページから早速チャレンジ!
1日のどのタイミングで行うかはあなた次第です!

≪次のページ≫1日30秒で美脚美尻GET!簡単最強スクワット