鮭とほうれん草の玄米ピラフ

所要時間:60分以上

カテゴリー:ご飯・麺・粉物ピラフ

 

鮭とほうれん草の玄米ピラフ

秋鮭の切身と調味料をお米と一緒に炊き込むだけでできる簡単ピラフです。ほうれん草に含まれるビタミンAはたんぱく質と結合し、体内へ運搬して細胞内に吸収させる働きのほか粘膜や皮膚を強くする作用があります。ほうれん草はきれいな緑色を活かすため、最後に混ぜ込みました。玄米も少し加えることで栄養価が高くなり、独特の食感や歯触りを楽しむことができます。お弁当やおにぎりにしてもokです。

鮭とほうれん草の玄米ピラフの材料(2人分

ピラフの材料
精白米 3/4合
玄米 1/4合
ほうれん草 茹でて水気を絞ったもの 70g
生鮭 50g
大さじ1
たまねぎ 20g
加塩バター 5g
コンソメ 5g
塩鮭を使うと仕上がりの味がしょっぱくなってしまうので、生鮭を使ってください。

鮭とほうれん草の玄米ピラフの作り方・手順

作り方

1:鮭に酒をふる

鮭に酒をふる
バットに鮭をおき、上から酒をふって5分程おきます。 酒をふることで魚の臭みを消します

2:米をとぐ

米をとぐ
精白米と玄米を一緒にしてとぎます。といだ水は捨てます。

3:具材と調味料を入れる

具材と調味料を入れる
ペーパータオルなどで表面の水気を拭いた生鮭の切身、粗みじん切りにしたたまねぎ、コンソメ、加塩バターを加え1合分の目盛りより少し多めの水を入れて炊飯します。

4:ほうれん草を混ぜる

ほうれん草を混ぜる
刻んだほうれん草を炊き上がったピラフに加えてざっくりと混ぜ込みます。

ガイドのワンポイントアドバイス

今回は鮭を入れましたが、鶏肉や豚肉を入れても美味しいです。