ぬる湯のススメ

まだまだ残暑が続いておりますが、暑い日が続くとどうしても敬遠されがちなのが、温泉かもしれません。

けれども、実は暑い時期だからこそ楽しむことができる天然温泉が、40℃以下で人肌程度の「ぬる湯」温泉なのです。

36℃くらいの体温に近い湯温の温泉って、実は結構ぬるいというか、意外とひんやりするもので、これがこの季節にはたまらなく気持ちいい!! 逆に寒い季節でこのようなぬる湯を堪能しようとなると、気合いと勇気が必要かもしれません……。だから、暑い今の季節にぜひ浸かって、存分に「ぬる湯」を堪能して頂きたいと思っております。

東日本のおすすめ「ぬる湯」温泉を前回紹介しましたが、今回は西日本に湧くぬる湯をいくつかご紹介します。

名湯揃いの九州地区で穴場な極上ぬる湯 華まき温泉

華まき温泉

華まき温泉外観

九州には西の横綱である別府温泉をはじめ、たくさんの名湯がありますが、もちろんうっとりするような素晴らしいぬる湯も、あちこちで湧いています。

その中でも、もちろん泉質抜群で、穴場な温泉で知る人ぞ知る温泉が熊本県人吉市にある華まき(はなまき)温泉です。西人吉駅から約2km、周囲は田んぼだらけでのどかな田園地帯に建っていて、日帰り温泉のみの施設となっています。
清涼泉

この季節は特に嬉しい清涼泉

「清涼泉」と書いてあり、暑い夏にピッタリのぬる湯が湧いているのですが、こちらは大浴場と貸切家族風呂があります。清涼泉は貸切湯の方なので、源泉をそのままかけ流しを存分に堪能できる貸切湯が断然おすすめです!

清涼泉の貸切

小さなサイズの貸切湯

2人サイズでこじんまりとした浴槽には、ドバドバと湯が注がれています。源泉温度35℃を夏だけ加温なしでそのまま楽しめるのですが、暑い夏のこの季節はとにかく気持ちよくて、いつまでも浸かっていられます。

カエルにたっぷりアワアワ

アワがびっしりついた湯温計


浸かった瞬間から、細かいアワアワが全身を包んでくれるのですが、泉質は炭酸泉ではなくて、ナトリウムー炭酸水素塩泉。ぬるくて新鮮な湯が注がれている証のアワアワが拭っても拭っても、お肌に付着します。

ヌルヌルですべすべの浴感、夏限定で浸かることができる清涼泉の貸切湯は、本当にオススメです。

〈DATA〉
華まき(はなまき)温泉
・住所:熊本県人吉市下原田町字嵯峨里1518
・電話:0966-22-6981
・日帰り営業時間:10時~22時
・料金:300円 貸切湯は1500円(60分)