そもそも「ぬる湯」とは?

温泉=肌寒い季節に浸かるもの、と思って疑わない方が少なくはないかと思われます。しかし、私は暑い夏にこそぜひ浸かっていただき、これまでの温泉に対して持っていた概念のようなものを覆して欲しい……そう思っております。

そこでオススメしたいのが「ぬる湯」なのですが、これはどんなお湯なのでしょう? 答えは40℃以下の温泉のこと。つまり人肌程度の温泉のことを言います。人間の体温はだいたい36℃台ですが、それくらいの湯温って実は、浸かってみると結構ひんやりするものです。けれども、ただの真湯と違って温泉なので湯力は相当なもの。

ちなみに、持続湯とも呼ばれるぬる湯は、37~39℃の湯温に浸かる「微温浴」、34~37℃の湯温による「不感温度浴」に分けられます。

これからの季節は、「ちょっとぬるい?」と思う温度が、ゆっくり浸かるにはちょうどよく、暑い日にはとにかく気持ちがいい! そこで、この季節にこそぜひ、ぬるい温泉を存分に堪能していただきたいと思います。東日本に湧くぬる湯温泉をいくつかご紹介しましょう。


名湯だらけの群馬県にもぬる湯はある! 川古温泉浜屋旅館

浜屋旅館の玄関

川古温泉浜屋旅館の玄関

群馬県には、草津や四万、万座温泉といった有名な温泉地に湧く温泉以外にも、素晴らしい温泉が多く存在します。

特に上州、みなかみのあたりは、泉温が低いながらも泉質が素晴らしい名湯ばかりで、オススメしたい温泉がいくつかありますが、なかでも特に素晴らしい! と感激したのは、川古(かわふる)温泉浜屋旅館です。

ここは、環境省によって国民保養温泉地に指定されている湯治宿ですが、日帰りで立ち寄っても受け入れています。 

開放感のある混浴露天

露天風呂

まずはお宿の顔とも言える存在の露天風呂から。湯の温度は39℃くらいのややぬるめの湯。露天風呂だと外気に触れる分もあって、よりぬるく感じられます。自家源泉、かけ流し。ここは混浴ですが目隠しの部分もあり、比較的入りやすい部類の温泉 (バスタオル巻きが可能で、湯浴み着も販売)  だと思います。

泡付きのある内湯

男女別内湯

続いて内湯。2~3人サイズの比較的小さめの浴槽ですが、よく見ると足下から温泉がポコッ、ポコッと湧いています。これが本当にたまりません!! フレッシュな湯の証とも言える、小さな泡が瞬く間に全身を包み込んでくれます。これがすごく気持ちがいい!!

露天もいいけど、極上の湯を求めるならぜひ内湯がオススメです。

〈DATA〉
川古(かわふる)温泉 浜屋旅館
・住所:群馬県利根郡みなかみ町相俣2577
・電話:0278-66-0888
・日帰り営業時間10時~16時
・料金:1000円
公式ホームページ

次のページでは福島に湧くぬる湯をご紹介します