ケーブルカーで下りる壮大な絶景ぬる湯 ホテル祖谷温泉

チェックイン前の外観

ホテル祖谷温泉外観

四国山脈の山あい、祖谷渓谷にひっそり佇んでいる大歩危(おおぼけ)温泉郷にある一軒宿、和の宿 ホテル祖谷(いや)温泉は、日本三大秘境と言われる祖谷にあります。(あと2つは、宮崎の椎葉と岐阜の白川郷)

松山自動車道三島川川之江ICから車で約1時間。行くまでの道のりも舗装されてはいるものの、かなり狭くて険しく、対向車とすれ違うこともできない道路が、一層秘境感を演出していますが、ここは西日本のぬる湯の中で、私はとにかく一押しなんです!

ケーブルカーで温泉に

自家ケーブルカーで温泉へ

ホテル祖谷温泉といえば、名物的存在なのがケーブルカー。というのも、祖谷温泉はホテルから約170m下の谷底にあるため、なんと!自家用のケーブルカーを使って温泉へ向かうのです。

ロビーから外へ出ていざ温泉へ。下にある温泉までは約5分かかります。
祖谷温泉露天風呂

泡付きのある露天風呂

毎分1500リットルの湧出量とだけあって、ものすごい勢いで浴槽に源泉がかけ流されている温泉の源泉温度は39℃で、無色透明のぬる湯。ほのかに玉子臭も感じられる湯は、分析表を見るとやっぱり単純硫黄泉です。

しかもpH9.4の強アルカリ性の温泉なので、その特徴どおりヌルヌル感のある浴感で、まるでとろみのある化粧水に浸かっているかのよう。硫黄泉と強アルカリ性の組み合わせ、美肌を形成する美人の湯の効果が抜群です。

ぬる湯なので、ゆっくりじっくり肌に浸透させることができるのが嬉しい。
アワアワの硫黄泉

アワアワが付着!!

源泉は女性の脱衣所の下から湧いているのですが、浴槽まで近いだけあって泉質はとにかく抜群! すごく新鮮な湯の証、アワアワが瞬く間に全身を纏います。

内湯もありますが、断然露天風呂がおすすめです。
小便小僧

絶壁に立つ小便小僧

祖谷街道中一番の難所といわれる七曲にあり、ここから谷底までは約200m。岩の上に立ち、度胸試しをしたと言われる小便小僧は、周辺観光スポットのひとつですが、ホテル祖谷温泉から約500mのところにあるので、合わせて行かれてみてはいかがでしょうか?

〈DATA〉
和の宿 ホテル祖谷温泉
・住所:徳島県三好市池田町松尾松本367-2
・電話:0883-75-2311
・日帰り営業時間:7時~18時(受付は17時まで)
・料金:1500円
・URL: http://www.iyaonsen.co.jp

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。