フェズ旧市街への道

マリーン朝の墓地

「マリーン朝の墓地」から望むフェズ旧市街。こんな場所でもヒツジやヤギが放し飼いされている

■エアー&ツアー情報
モロッコの玄関口はラバト、カサブランカ、マラケシュ、フェズなど。いずれにせよ日本からモロッコへの直行便はないので、パリなどのヨーロッパ諸都市やドバイやドーハなどのアジア諸都市を経由するのが一般的。格安航空券で15万円前後、ツアーは20万円前後から。

■周辺の世界遺産
世界遺産「アイット・ベン・ハドゥの集落」

オアシスに広がる要塞都市「アイット・ベン・ハドゥの集落」

50~60km圏内に世界遺産「古都メクネス」と「ヴォルビリスの古代遺跡」がある。特にメクネスはフェズからバスが多数出ているので気軽に訪ねることができる。

ラバトやマラケシュに入る人は、それぞれの町に世界遺産「マラケシュ旧市街」「ラバト:近代都市と歴史的都市が共存する首都」がある。マラケシュからは「エッサウィラのメディナ(旧名モガドール)」「アイット・ベン・ハドゥの集落」などへのツアーが出ており、日帰りも可能だ。

なかにはフェズとマラケシュ、メルズーカなどの砂漠を結ぶツアーもある。こうしたツアーはフェズ→マラケシュ、あるいはマラケシュ→フェズの移動を含んでおり、たいてい「アイット・ベン・ハドゥの集落」を訪れる。両都市を訪ねようと思っている人にはオススメだ。

 

フェズ旧市街のベストシーズン

織物商店

織物商店とタラー・セギーラ。細道もスークもモスクも、旧市街には数十~数百存在すると言われている

フェズは北半球に位置しているので季節は日本とほぼ同じ。夏の平均最高気温は35度、平均最低気温は18度。冬は15度と5度。最高気温は日本より高いが、最低気温も低い。熱しやすく冷めやすい乾燥地方特有の気候だ。砂漠では寒暖差はこれ以上になるので、夏と冬に行く際には注意が必要だ。

雨季は10~4月だが、雨季でも雨は少なく、東京の冬以下。それほど雨を気にする必要はない。一般的には雨季後の春と雨季前の秋がベストシーズンとされている。

世界遺産基本データ&リンク

アンダルース地区

アンダルース・モスクの南、フトー門近くの通り。壁に描かれたイラストがかわいらしい。迷い歩きはこのような思わぬ出会いがおもしろい

タラー・セギーラから見たブー・ジュルード門

タラー・セギーラから見たブー・ジュルード門。手前のおじさんが来ている民族衣装をジュラバと呼ぶ。映画『スター・ウォーズ』でジェダイが着ていた衣装だ

【世界遺産基本データ】
登録名称:フェズ旧市街
Medina of Fez
国名:モロッコ
登録年と登録基準:1981年、文化遺産(ii)(v)

【関連サイト】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。