ラ・ルーチェ~
小町通りのお箸で食べるイタリアン

かわいらしい花が飾られた前菜

かわいらしい花が飾られた前菜

小町通りをずっと奥に歩き、八幡様に着く少し手前を右手に、半円形に突き出たベランダが特徴の建物があります。この1階がイタリアンレストランのラ・ルーチェ。中に入ると、細長い店内にカウンターとテーブル席が並びます。おすすめはカウンター席。美しく盛り付けられていくお料理を眺め、お店の方との楽しいおしゃべりも魅力。

ランチは2900円、メインにお肉と魚両方いただける3900円、シェフお任せの6500円の3コース(いずれも税抜き)があります。ある日の2900円のメニューをご紹介しましょう。前菜は、ビオラのかわいい花が乗ったヒラマサのカルパッチョ。ガラスの器が、目にも涼やか。

メインの仔牛のローストの柔らかなお肉。ナスや玉ねぎもジューシー。食材は地場のものを使っています。佐島・小坪の漁港でその日に厳選した魚介類や、新鮮な鎌倉産の野菜を仕入れているそう。
メインの小牛のロースト

メインの小牛のロースト

デザートのメロンのソースに乗ったジェラートは、目にも口にも爽やかです。
メロンソースのジェラート

メロンソースのジェラート

お店の料理のテーマは、「温故知新」。イタリアの伝統料理をベースに、地元の新鮮な食材を新しい形のイタリア料理に仕上げています。一品一品、創作意欲にあふれた、美しい芸術作品を見ているようで、お店の方がお料理を心から楽しんで作られている様子が伝わってきます。
ソーサーとカップが一体に!

ソーサーとカップが一体に!

こうしたイタリア料理を、古都鎌倉にちなみ、食材に合った和食器とお箸でいただきます。器はどれも作家さんに頼んで作っていただいているそうで、1つ1つにぬくもり、こだわりが感じられます。ソーサーのくっついたコーヒーカップが出てくることもあり、「面白い!」、「これ素敵ね」と会話が弾むこと請け合い。デートに訪れても、きっと楽しくおいしい、素敵なひとときが過ごせますよ。
ラ・ルーチェの外観

ラ・ルーチェの入口は半円を描く独特な形

ちなみに、こちらのラ・ルーチェのシェフは、最初に紹介したエッセルンガのシェフの先輩なのだそう。鎌倉の中のイタリアン店同士はつながりをもっているところが多いようで、皆さん本場イタリアの雰囲気を大切にしつつ、お互いに切磋琢磨しながら、いいものを楽しんで作ろうとしている雰囲気が伝わってきます。

<DATA>
ラ・ルーチェ
住所: 鎌倉市雪ノ下1-7-6
アクセス:JR鎌倉駅東口より徒歩約10分、小町通り沿い
定休日:水曜日、第4火曜日