最期をどこで迎えたいか……考えたことはありますか?

最期をどこで迎えたいか……考えたことはありますか?

東京都に暮らす50~69歳の男女を対象に「終の棲家に関する実態調査」(オウチーノ総研)で、どこを『終の棲家』としたいと考えているかを聞いたところ、最も多かったのは「自宅」(65.9パーセント)で、次いで「老人福祉施設・老人ホーム」(9.9パーセント)、「サービス付き高齢者向け住宅」(13.8パーセント)の順となったそうです。


「終の棲家は自宅」の理由は、一番落ち着けるから

「自宅」を選んだ理由は、「一番落ち着けるから」が最も多く、次いで「住み慣れた場所だから」「自宅で一生を終えたいから」「気兼ねなく住めるから」「一番思い入れがあるから」が続いています。

「老人福祉施設・老人ホーム」を選んだ理由は「家族に迷惑をかけたくないから」が最も多く、次いで「安心できるから」の順です。「サービス付き高齢者向け住宅」では「安心感があるから」が最多で、「ある程度自立した環境で、必要なサービスを受けられるのが理想的だから」が続く結果となりました。


最後を自宅で迎えることは、現実に可能か?

この調査結果を見て、私が感じたのは、本当に最後を自宅で迎えることは、現実的にできることなのだろうか?という疑問でした。

私の疑問は2つです。

一つ目は、終の棲家ともなれば、「自宅で介護」は避けられません。90歳まで生きるという長寿化により、認知症や寝たきり(骨折などによる)になり、要介護4、5になっても、自宅で介護を受けながら生活することが本当にできるのだろうか?ということ。

二つ目は、生活費、介護費、医療費などが嵩むなか、経済的に無理なく暮らせるのだろうか?ということでした。


要介護4~5になったら自宅での介護は心身的に厳しい?……次のページ