帰省先での体調不良……なぜ? 

子ども

子どもが帰省先で体調を崩すと、子ども本人のみならず皆が疲弊します

お盆や年末年始の帰省先で、体調を崩す。子どもにしても親にしてもあまり「そうなりたくない」シチュエーションですよね。でも、「帰省する度に子どもの具合が悪くなる」ということが繰り返されると、帰省先にも迷惑をかけることですし、いろいろ理由を考えてしまいます。

長い帰省の行程で疲れてしまったから? 自宅と違う地方の気候で、風邪を引いた? マンションと戸建ての違い? うちの子の身体が弱過ぎるせい?

でも、一年以上元気に過ごして来たのに帰省先で、突然喘息の発作が起こってしまったり、花粉の季節でもないのに親の方までいきなり一晩中クシャミ、鼻水、鼻づまりに見舞われたりすることがあって、やっと「ハッ」と気づくわけです。

……これ、アレルギー反応なんじゃない? とすると、あやしいのは、もしかすると、この……お布団?!


「帰省先アレルギー」の実情

病院

慣れない土地で、初めての病院にお世話になる……・なるべくなら避けたいことです

食物アレルギーや喘息もちの子ども達を抱えるガイド。もう何年も前から、アレルギー児の親の集まりなどで、よくこんな話を耳にしていました。

「お盆に帰ると十中八九、子どもが喘息発作を起こす。救急に駆け込んだこともあるけれど田舎なので病院まで遠すぎるし、お盆休み中でスタッフも少なくとても怖い思いをした。」

「実家の人たちにアレルギーの知識がなかったため、子どもが体調を崩す度にいたたまれない思いをした。それが嫌で、もう何年も帰省を断り続けている。おかげで、義父母との関係がギクシャクしかけている。」

「帰省する度に、発作まではいかないまでも、子ども達の具合が良くなくなり、ぐったり元気がないのでいろいろ詮索される(偏食だから、栄養が足りないんじゃないか、都会育ちは云々)。」

「自分としては客用布団や、普段閉めっきりの夫の元・自室(帰省中はそこで寝泊まりする)のホコリやカビが影響していると思っているのだけど、義父母にそれをどう説明したら良いのか分からないし、言いにくい。」

びっくりしますが、その場にいるほとんどの親御さんが「あるある!」と深く頷くのです。深刻度に差違はあれ、この類いの「帰省に際しての悩み」は多く、義実家のみならず実家ともそれが原因で関係に溝が生じたり、疎遠になりかけている人も少なくないようすなのです。

次ページ「客用○○」の盲点 >>