食器をかじる虫……恐怖! 

ゴキブリ出没の絶叫スポットTOP3

とにかく恐怖……、道理を外れたその出没スポットとは?

みなさん、唐突ですが「御器噛」っていったい何だか分かりますか? およそ記事タイトルから類推すれば分かると思いますが、これで「ゴキカブリ」「ゴキブリ」って読むんです。うーん、じっくり眺めるに、なんだかすごい字面ですよね。 

この「ゴキカブリ」、江戸時代の百科事典(和漢三才図会)によると「食器をかじる虫」ということだそうで、ああ、なんともあさましい、その図がイメージしやすい……。昔からきっと忌み嫌われてきたのでしょうね。

さて、この「ゴキ(カ)ブリ」、目下大活躍する季節が今年もやって来てしまいました。もともとゴキブリは熱帯雨林原産で夜行性。「夏に出る」のは道理、でも出る場所とタイミングがときどき道理を外れるんです。とにかく突然の遭遇は、心臓に……悪い!

「キッチンの床を走ってた」とか「トイレの天井に居た」という、普通(?)な出遭いでも充分に嫌ですが、今回は特に「まさか?! ええっ?!」という意外性と恐怖にあふれた遭遇体験を、ランキング方式でご紹介したいと思います。

へたをするとちょっとした心霊スポットより数倍怖い「ゴキブリ遭遇絶叫スポット」。場所別に「ひとこと対策」も添えておきますので、くれぐれも身の回りに作らないよう、どうかお役立て下さい。
 

第3位 「パソコンの中(裏)」

作業中、ふっと目を向けたその場所に、彼が……

作業中、ふっと目を向けたその場所に、彼が……

「パソコン作業中、モニターの裏から見覚えのある触覚が……硬直!」(30代男性)

「PC机の足元を通過していく気配を感じ、粘着シートを置いておいたら次の日、3匹かかってた」(40代男性)

最近ではインターネットに繋がるのも、タブレットやスマホ経由が大半になりつつありますが、仕事などでは日常的にパソコンに向かっているという人も少なくはないでしょう。でも別に生ゴミに近いわけでなし、水場でもないパソコン周りに何故?と思いますよね。

パソコンは稼働していると熱を帯びやすいものですが、この熱がまずゴキブリには快適環境となり、好まれます。特に「周辺器具や書類などでゴチャゴチャしている」デスクトップパソコンや、「足元に置いてあるのであまり気に留めていない」タワー型パソコンなどはゴキブリに寄り付かれやすく、内部に侵入もされやすいので注意が必要です。

あと、パソコン作業をしながらお菓子を食べたり、飲み止しのカップなどを置いている場合にも「ゴキブリ寄せ」になりやすいです。食べものカスやゴミ、ホコリなどはズボラせずに、こまめに取り除きましょう。
 

第2位 「冷蔵庫の中(ホントに中!)」

ここで会ったが100年目……というか、遭ったら立ち直れそうにない

ここで会ったが100年目……というか、遭ったら立ち直れそうにない

「野菜室の引き出しを開けたらそこにじっと居ました。絶望しました」(20代女性)
「麦茶を飲もうと思ったらドアポケットに貼り付いていて、もう麦茶飲めない」(10代女性)

もともと「冷蔵庫」というのは、知る人ぞ知るゴキブリ繁殖スポットと言われています。何故かというと、1年365日休まず稼働し続けているため、つねにホカホカ暖かく(コンプレッサーが熱源になる)、排水受け皿が格好の水場になることもあるためです。

冷蔵庫周辺を5年以上動かしていない、裏まで掃除できていない、などの場合、既に冷蔵庫「外」にゴキブリが進出したり営巣したりしている可能性があります。そんな場合、ちょっとした冷蔵庫の開閉タイミングにゴキブリが入り込んでしまっても全く不思議ではありません!

冷蔵庫周りのホコリに、黒いツブツブのような汚れが混じっている場合、十中八九ゴキブリの糞ですので、すみやかに「毒餌(食毒剤)」を冷蔵庫周辺に数カ所仕込み、「捕獲器具(トラップ)」を仕掛けましょう。
 

第1位 「靴の中」

居心地、いいんだろうな。分かる気がします。でも嫌です

居心地、いいんだろうな。分かる気がします。でも嫌です

「出かけようと思って靴を履く一瞬前に出てきた。凍った。でも一瞬前で良かった、と思いたい」(30代男性)

「玄関の電気を点けたとき、3匹くらい私の靴の中に入っていくのを確認してしまいました」(20代女性)

「(自分の)靴の中にゴキブリがいる」というシチュエーションは人の心を容易に折ります。生理的に堪え難いものがあるからです。運が悪いと……踏み潰します。想像もしたくない!でも、「あり得る」のです。

玄関は、ゴキブリらにとってみれば、出入りが無い限りひとけも無く、ほとんど明るくもなく(節電のご時世)、とはいえ「ほんのり湿って温もりの残る」靴という格好の隠れ処に恵まれ、時には「生ゴミの一時置き場」になるなど餌場としても魅力的な場所。ですから、全く「いてもおかしくない」のです。

まずは玄関(先)に生ゴミを置きがちな生活習慣を改めるところから。ゴキブリが潜みそうな靴と靴との狭間に「毒餌(食毒剤)」を仕込みます。また、「ほんのり湿って温もっている」ような澱んだ空気はゴキブリに好まれますので、日に2回は玄関を開け放っての空気の入れ替え(換気)を行いましょう。その際はげた箱の扉も開け放っておくと乾燥を促し、カビ対策にもなって一石二鳥です(ちなみに、カビもゴキブリの餌になります)。

【関連記事】



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。