夏前くらいから、お風呂場やキッチンに現れだす小さなハエのような虫がいます。でも、ハエにしては、小さ過ぎる。よくよく見ると形は蛾っぽい。数が多い、どんどん増えてくる。

「あれは何?」と気になりだしている方。それは「チョウバエ」かも知れません。


チョウバエの種類と生態

羽が大きいのが特徴です

羽が大きいのが特徴のチョウバエ

「チョウ」+「ハエ」という名前から、チョウ(蝶)かハエ(蝿)の仲間かと思われがちですが、むしろ似ているガ(蛾)でさえなく、仲間としてはカ(蚊)に近いと言われます。

日本にいるチョウバエの仲間は約60種にのぼりますが、近年、システム(ユニット)バスの排水溝、排水口やトイレ、キッチンといった住宅の水周りの各所で多く見られるチョウバエは、「オオチョウバエ」と「ホシチョウバエ」の2種類になります。

「オオチョウバエ」は双翅(そうし=ハネが2枚という意味)目(ハエ目)チョウバエ科に属し、成虫の体長4~5mm、灰黒色で、羽の形から「逆ハート型」に見え、全身毛が生えています。

形としてはほとんど変わらない「ホシチョウバエ」のほうの体長は1mm前後とかなり小さく、若干、色は薄めです。

「ホシチョウバエ」は小さいので、1~2匹しか飛んでいない状態だと、人によっては見逃してしまうかもしれません。片方だけのみならず、両方(大小織り交ぜて)飛んでいるお宅もあります。


チョウバエはどこから来るの?発生源は?

「オオチョウバエ」も「ホシチョウバエ」も、今では日本中で見られますが、多く見られるようになったのは、住まいが高断熱・高気密化しだした、比較的近年のことといわれています。

その発生源は汚泥や汚水、浮遊有機物(スカム)などであると言われています。マンションなどの集合住宅では、よその家で発生したものが排水管などから少しずつ伝播する、ということもあるかも知れませんが、はっきりしたことはわかっていません。

チョウバエは、成虫・幼虫ともに暗く湿った温かい環境を好みます。年末やお盆の帰省時、旅行の際に大発生することが多いのですが、お風呂場やキッチンの、中途半端に水分の残ったヘドロや汚泥が格好の繁殖場所になってしまうという点は憶えておいたほうが良いでしょう。