シンガポール セントーサ島にて。人気のアンカービールを飲み比べ

気温29度。シンガポールセントーサ島で頂きました。カラッとした空気とアンカービール、とてもおいしかったです。

シンガポールセントーサ島で頂きました。アンカービールは2種あり、飲み比べしようと思います。

プレーンとストロング、値段は500mlサイズで5.7シンガポールドル(450円ほど)。3本買うと10ドルとお値打ちセールも実施中でした。

左)スムース 4SGPドル/500ml
右)ストロング 5SGPドル/500ml

シンガポールビールはタイガーだけじゃないのです!今回ご紹介するのはアンカービール。味を一言で言うと「ピリッと炭酸、甘苦いコクあるお味」 コンビニやスーパーなどどこでも気軽に買える人気のビールです。種類はスムースとストロングの2種あります。値段はスムースが4SGPドル/500ml(約320円)ストロングが5SGPドル/500ml(約400円)。スムースの方はスーパーやコンビニで3本まとめて10SGPドルなどお値打ちな販売もしていましたよ。ということで、2種買って飲み比べてみることにしました。

ふわっと軽い泡だちでなめらかな口当たり。少しピリッと刺激があるスムース(アルコール度数4.5%)

スタンダードのアンカービール、ふわっとした軽い泡立ちです。

スムースタイプ。ふわっとした軽い泡立ちです。


赤と白とでスッキリしたデザインのスムースタイプ。

赤と白とでスッキリしたデザインのスムースタイプ。

スムースタイプは、注いだ瞬間、ふわ~っと軽い泡がたってきます。 名の通りなめらかな口当たりで飲みやすいです。でも勢い良く飲みすぎると後からの刺激にちょっとビックリするかも?炭酸は強めの方かもしれませんね。軽いわりに味が濃い、比較的スッキリしているものの甘苦い。そんな「一筋縄ではいかないわよ」的な、なかなかの主張を感じるタイプです!


甘苦さ抜群!飲んだ後には麦芽の香りがふわり。濃厚芳香さがお好きな方はストロングタイプを。(アルコール度数8.8%)


注いでいる時から麦芽の香りがふんわり。

注いでいる時から麦芽の香りがふんわり。


セントーサ島 リゾーツワールド内で購入。ストロングのラベルがゴールドで見た目も濃厚さを感じます。

セントーサ島 リゾーツワールド内で購入。ストロングのラベルはゴールドで見た目も濃厚さを感じます。

さすが!8.8%で「甘苦いーっ!」。いわゆる「濃い味」でしょう。 注いでいる時から麦芽の香りがしますし、もちろん飲んだ後の香りも強いです。2種注いで並べると、色はそんなに変わらないのですが、味と香りは格段にストロングの方が上です。

飲み方はお好みによりますが、最初に口あたりまろやかなスムースを飲み、だんだんストロングに移行、と言うのが妥当な流れでしょうか。私事ですが、あまりお酒が強くないのでストロングはどうかなぁと思っていたのですが、意外にも(?)この甘苦さにハマりました。味に特徴があり後引いて飲み進むものなのかもしれませんね。沢山の量を飲みたい時はスムースで、量が少なめで早く満足感を得るならストロングが良いかと思います。


アンカービールをさらにおいしく飲むポイント3つ!

スッキリさよりコクあるタイプなので、クーラー効かせたお部屋で飲みたい♪

スッキリさよりコクあるタイプなので、クーラー効かせたお部屋で飲みたい♪

アンカービールをさらにおいしく頂くポイント3つです。

■ポイント1 合わせる食べ物は軽いもの
味にしっかり個性があるので、食事と一緒よりスナック系のお菓子など軽いものが合うと思います。ストロングは甘苦さが増すので、ピクルスやマリネなど酸味の強いものや、レーズンやナッツなど洋酒に合わせるおつまみなども意外に合うかも。

■ポイント2 クーラーが効いた場所で
私は浴衣でのお仕事の後、クーラー効かせたホテルのお部屋で頂きました。味のコク濃厚さ芳香さが特徴のアンカービール、スッキリ爽快さにはやや欠けるので、ぜひクーラーが効いた場所で。

■ポイント3 ビールを主役に
どちらにも言えるのですが、つまりはビールが主役ってことですね。どこでも売っていますしスムースはまとめ買いセールなど比較的安価に買えるので、食事後の2次会でワイワイ楽しむも良し、ホテルで1人飲み、など気軽に買って飲むにもおすすめです!

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/7/1~2021/7/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。