family_top

子どもの「思春期」に、親が迎えるのが「思秋期」

「思秋期」の親に似ているのは誰?

子どもが思春期に入ると、親に何かと反発し、批判的な言葉を口にするようになります。すると、親は苛立ちを抑えきれず、つい「生意気言うな!」「誰のおかげで生活できると思ってるの?」といった感情的な言葉をかけてしまい、険悪ムードになることがしばしば・・・・・・。「思春期の生意気さも成長の一プロセス」と頭では分かっているのに、どうして感情を抑えられなくなってしまうのでしょう? その謎を解く言葉に、「思秋期」というキーワードがあります。

思春期の子を育てる親の年齢は、大方が40代。この年代は、「人生の秋」を思う時期という意味で「思秋期」と呼ばれる時期にあたります。失った若さにちょっぴり未練を覚えながらも、老年期への準備を考えるにはまだ早いと感じるのが、思秋期の大人たち。そんな宙ぶらりんな自分に、モヤモヤ感を抱えやすい年代なのです。

ところで、このどっちつかずで定まらない感じ、誰かに似ていると感じませんか? そうです。「子ども」とは認めたくないけど、「大人」にもなりきれない思春期の子どもたちと、そっくりではありませんか! 思春期の子と思秋期の親は、お互いに中途半端な自分にモヤモヤしやすい時期だからこそ、感情的にぶつかりあってしまうのです。
 

せつない思秋期 VS 無理解な思春期

family1

若さへの喪失感にせつなさが募る思秋期

さらに、思秋期の親が思春期の子に感じる苛立ちの背景には、大きく2つの原因があります。一つは、この時期特有の「体調の変化」です。「夏」を思わせるようにがむしゃらに走り続けた30代と違い、少し頑張りすぎると疲れを感じ、けだるさを覚えるのが思秋期の大人たち。本人はまだまだ若いつもりでも、筋力が落ち、代謝が落ち、免疫力も落ち、確実に体の衰えは進んでいます。

「このくらいのことがなぜしんどいのか」とわが身のふがいなさにため息をつく一方で、同じことを難なくこなせる若さへのジェラシーをふと感じてしまう。頭では大人げないことと分かっていながらも、エネルギッシュな若さしか知らないわが子から、「休日に寝てばかりいる人に、あれこれ言われたくないんですけど!」などと無理解な一言を掛けられてしまうと、無性に腹が立ち、つい衝突してしまうのでしょう。
 

分別臭い思秋期 VS 青臭い思春期

family2

思春期ゆえの理想論は、思秋期の大人には「世間知らずの浅知恵」にしか思えない

二つ目の原因に、思春期と思秋期のまったく噛み合わない「世代間ギャップ」があります。「窮屈なしがらみを抜け出し、自由に向けて突っ走るだけ」――こうしたまっさらな夢を抱けるのも思春期という若さゆえですが、そんな子どもを心配そうに見つめながら、堅実に家庭を守り、着実に人生を生きているのが、分別のある思秋期の親たちです。

ところが、思春期の子にとって、そんな思秋期の親が言う説教など、「古くさい繰り言」にしか聞こえないものです。堅実さは大人にこそ共感を呼ぶ価値観ですが、人生の難局を知らない思春期の子にとっては、何の魅力もない「妥協」にしか感じられないからです。

こうして親の教えや生き方を批判し、青臭い理想論を語る思春期の子の言葉に、思秋期の大人は苛立ちが募る一方・・・・・・。そして、「おまえに何ができる」「理想だけじゃ食っていけないぞ」などと、嫌味まじりの一言を加えてしまうのではないかと思います。
 

正反対なベクトルを生きる思春期と思秋期

family4

親子はもう、別のベクトルに向けて歩き始めている

「第二の誕生」とも言われる思春期の子たちは、若い翼を思い切り広げながら、勢いよく上り坂を駆け上がっています。一方、思秋期の大人は、後半生に向かって人生を見つめ直しながら、ゆっくりと下り坂を歩み始めているのです。

つまり、思春期の子と思秋期の親は、宙ぶらりんで不安定な状態こそ共通しているものの、「心のベクトル」は正反対なのです。だからこそ、お互いに感情的になりやすく、思春期の子は親を否定したくなり、思秋期の親は子どもに小言を言いたくなってしまう。この理解のずれと噛み合わなさは、如何ともしがたいものです。

しかし、むしろそれを受け入れてお互いに少し距離を置き、それぞれの人生を尊重することが必要なのではないかと思います。
 

「青春」と「人生の秋」―それぞれの人生を歩む親子

family5

そろそろ、思秋期の人生課題に向き合う時期ではありませんか?

そもそも、子どもが思春期を迎えたら、親役割は変化するものです。親が積極的に子どもを導く必要性は、もはやありません。思春期からは、対等な友だち関係の中で、あるいは部活の先輩やコーチ、学校や塾の先生など、親以外の年長者との関わりの中で「自分らしい自分」を見つけようとするものです。その途中では、多少の「やけど」を負うこともあるかもしれません。それでも、子どもには自力で軌道を修正する力があることを信じて、親は見守っていくことです。

思春期の子どもが自分の人生課題に向き合い始めたように、思秋期の親にも向き合うべき人生課題があります。子離れと共に重要度が増す「夫婦関係」の再構築、年老いていく親との関係、後半生へ向けてのライフプランや資金計画など、取り組むべき問題は山ほどです。子離れによって手に入れた時間こそ、こうしたテーマへの取り組みに適した時間です。

もちろん、子離れをしたといっても、親の役割が必要なくなる訳ではありません。未成年を保護する親としての養育責任は続きますし、「やけど」では済まされない危険を感じたときには、すぐに手を差し伸べる必要もあります。とはいえ、思春期の子が「青春」に向けて歩き始めたときは、思秋期の親も「人生の秋」への歩みを進めていくタイミングです。別々のベクトルに向かうお互いを尊重しながら、一つ屋根の下で共に生きていく――こうしたゆるやかな親子関係の再構築ができるのも、信頼関係でつながった親子だからこそではないかと思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項