「気持ち」を話す妻 vs 「事実」を伝える夫

険悪は雰囲気の夫婦

話せば話すほど噛み合わない夫婦の会話……その先に待っているものは?


ある日のわが家の会話。テレビのバラエティ番組を観ていた私は、芸人たちのトークに大笑い。そのとき、リビングにやってきた夫に「さっき、芸人の○○さんがこう言ってて、笑っちゃったよ!」と語りかけました。すると「え? 見てなかったからよく分からないんだけど」と答える夫。さらに「だからさ、○○さんが○○して……」と説明すると、「ごめん。俺、バラエティに興味ないんだわ」とボソリ。……私はチッと舌打ちをして、プンプン。

気がつけば、夫と私の会話はいつもこんなパターンです。私は会話が終わるたびに、「ああ、つまんないこと言うんじゃなかった!」と1人でイライラし、夫はそんな私を「なんで怒ってるんだ?」と不思議そうな目で眺めています。すれ違いぎみな生活を改善させようと、せっかく話のネタを振ったのに、会話は一向に盛り上がらない。この夫婦の噛み合わなさは、いったいどうすればいいのでしょう!?
 

「レポートトーク」と「ラポールトーク」の違い

communication2

お互いの話にイラついているだけでは、不快感はなくならない

そんな私の謎に応えてくれたのが、「レポートトーク」と「ラポールトーク」というキーワード。米国の言語学者デボラ・タネンがまとめた、男女によく見られる話し方の違いです。レポートトークとは、事実をレポート(報告)するように、情報を伝えようする話法。一方の、ラポールトークの「ラポール」とは、信頼関係や感情の交流を意味する言葉。つまり、共感や心のつながりを深めようとする話法です。

男性に多く見られるのが、レポートトーク。男性は、職業人生活の中でこの話法を鍛えられます。職場での情報伝達は、感情や主観に流されず根拠を示すことを求められるため、こうした話し方に慣れると、プライベートの中でも知らず知らずのうちにそれが出てしまいます。

一方の女性に多いのが、ラポールトーク。地域や家庭、子どもなど、身近な人と「気持ち」でつながって生活する機会の多い女性は、日頃からこの話法になじんでいます。気持ちを伝え合い共感し合えば、相手との間に信頼を感じ、安心することができるのです。

お気づきの通り、私と夫との会話のすれ違いも、レポートトークとラポールトークの違いによるものだったのです。私が夫に伝えたかったのは、見ていたテレビの内容ではありません。「おかしくて、思わず笑っちゃったんだよね」という感情の投げかけと、「あなたも同じような気持ちになることあるでしょ?」という共感の確認。ところが夫は、「自分はそれを見ていないし、興味がないので、答えようがない」というありのままの事実を返してきました。気持ちを受け止め、共感してもらいたかった私は、的外れな応答をしてきた夫にがっかりしてしまった、ということだったのです。
 

夫婦の幸せは「トーク」の歩み寄りから

communication3

話し方、聞き方を変えるだけで夫婦関係はぐんと良くなる

この「レポートトーク」と「ラポールトーク」の違いを理解しなければ、男女が歩み寄れるはずもありません。どちらが良い悪いということではなく、コミュニケーション文化の違いなのです。

「今日、どこに行ってね。誰に会ってね」と着地点の分からない会話を続ける妻にイラつく夫は、「で、その話の結論は何?」と話の腰を折ってしまうのが常。妻にとっては「結論」などどうでもよく、ただラポールトークを楽しみたいだけなのです。こんなとき、「そうだったのか。よかったなぁ」「会えたの久しぶりだったろう」などと同じ話法で返してあげれば、妻は「そうなのよ。話してよかった」と満足し、気持ちを受け止めてくれた夫に愛を感じるわけです。

一方の夫に対しては、事実や根拠を示し、選択肢や対策を提示して伝えてあげるのが、妻の親切というもの。「今日、ドアが壊れて困っちゃったのよぉ」といきなりラポールトークから始めるのではなく、「ドアが壊れたから、業者に電話したの。週末にカタログが届くから、一緒に選んでくれない?」と、レポートトークで語りかければ、夫も「そうか、うん。そうしよう」と快く会話に応じてくれるはず。思わぬ事故にも粛々と対応し、分かりやすい提案をする妻に、「できる奥さんを持って幸せだなぁ」と感じるものです。
 

2つのトークを身につければ、活躍の場は倍増!

communication4

2つのトークを使える人になれば、活躍の場も広がる

「何を言っても夫は分かってくれない」とぼやく妻、「妻のくだらない話を聞かされてうんざりする」と嘆く夫……。そんな2人は、お互いの会話が「レポートトーク」「ラポールトーク」のすれ違いになっていないか、振り返ってみましょう。外国人同士が交流する際には、相手国の言語を覚えてその国の文化を理解しようと試みるように、夫が妻のラポールトークを、妻が夫のレポートトークを覚えて使っていけば、夫婦の心の距離はぐんと近づいていくでしょう。

この2つの話法を使いこなすことができれば、社会の中でも必ず活躍の場を広げることができます。ラポールトークを使える夫は、部下や女性職員に信頼され、慕われるようになりますし、チームワークのよい職場を作れるようになるでしょう。レポートトークを使い始めた妻は、物事を論理的に考え、問題を合理的に処理する力を鍛えることができますし、その思考力、対応力は、仕事をする際にも必ず役立ちます。

夫婦は、日常会話を通じて異文化を学べる絶好のパートナー! お互いのトークの特徴を学んで円満な夫婦関係を再構築し、自分自身の能力の幅も広げていきましょう。
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項