本当のところはどうなの?
気になるダウンタイムや施術中の痛み

i12

施術前のエコー画像。上下の赤丸の間が脂肪の部分

ここまで高性能のマシン、いくら美容の技術は日進月歩だとはいえ、「本当に困るようなことはないの?」という疑問がわいてきます。
そういうお話は実際に検証されている院長に伺うのが一番。

まず気になるのはどんなタイプの脂肪に有効なのか? 不得意な体型はないのか? というところ。

 

i13

ヴァンキッシュ照射後は上下の赤丸がくっ付いているのがわかります。スゴイ効果!

「浅い部分の脂肪層に働きかけるので、パンッと張った感じの固太り体型の方は全体的にサイズダウンしますし、下腹部だけポッコリしているような方の部分痩せにも高い効果を発揮するので、苦手な体型というのはないですね」(堀内 祐紀院長)


 
では気になるダウンタイムは?

i14

ではもうひとつのビフォアー・アフター。こちらはお腹のポッコリが気になりますが……

「脂肪層だけにアプローチするので内出血の可能性などは非常に稀です。ダウンタイムに関しては、感じ方は人それぞれだと思いますが、脂肪が溶け出し体外に排泄されていくので、リンパの流れが滞っていると直後にむくみを感じるケースはあります。痩せていると筋膜近くに熱がかかることで、ちょっとした筋肉痛のような感覚を覚える方もおられるようです」(堀内 祐紀院長)

 

i15

4回の施術後にはこんなにスッキリ!4回チケットを買ったガイドもこれからが楽しみなんです!

効果の割りに軽いレベル。ほとんどの方がダウンタイムらしいダウンタイムを感じることはないそうです。

では、このマシンの最も大きなメリットは?

「1回で施術可能な範囲が広いことでしょうか。他の美容医療マシンでも高い効果を得られるものはあるんですが、1回の照射範囲がで10cm四方といった、本当に狭い範囲のものが多かったんです。ヴァンキッシュなら20cm×70cmという、これまでになかった広範囲の照射が可能なので、より効率の良い施術ができるようになりました」(堀内 祐紀院長)

 

そう、この照射範囲の広さは本当に凄い! 美容医療のマシンてどれも効果は高いんですけど、高いがゆえに狭い範囲に区切られてるものが多いんですよね。その割にはお値段はするし……。

聞けば聞くほどスグレモノのヴァンキッシュ。次のページでは施術ステップと、実際のガイドが受けた感想をご確認いただけます!


最新マシン部分痩せ体験は次のページで!