「秋葉原」は新たな美容の聖地となるか?
知る人ぞ知る実力派クリニックを発見!

i04

開業は2007年、2012年に現在の場所に移転したそう。

最新痩身マシンが日本で初めて導入されたとの噂を聞きつけ、ガイドが訪れたのは「秋葉原スキンクリニック」。
中に入ってまず驚くのは受付の広さ。初回訪れた時は現在の“キレイな秋葉原”と完全リンクする洗練度の高い内装に(うわー敷居高いー)と、ややビビりもしましたが、

 


i05

きちんとしていつつもフレンドリー、これはまさに理想的な接客!

笑顔の素敵なスタッフに温かく迎えてもらってひと安心。医療機関にありがちな味気ない対応などは微塵も感じさせない対応は、美容医療ビギナー女性でも安心して通えそうです。

 


i06

こんな広々としたパウダールームも完備。女性にはウレシイ配慮

またハイテク最先端の街「秋葉原」のクリニックらしく、積極的に最新美容医療を取り入れているところも大きな魅力。年に数回は率先して新しいマシンやメニューを導入し、患者の悩みに細やかに対応できるように取り組んでいるそうです。

 


i07

どんな悩みにもやさしく的確に対応してくれる堀内祐紀院長

そしてこの方がこのクリニックを率いる堀内 祐紀院長は!
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本レーザー医学会、日本抗加齢医学会、日本肥満学会所属など、あらゆる側面から女性の美を追求するエキスパート。
的確でわかりやすく、やさしい物腰の対応は多くの女性の信頼を集めています。
特に痩身に関するノウハウは飛びぬけていて、いろんな施術を受けてもでも効果が薄かった「痩身難民」女子が何人も救われたほど。

 


本当に“寝てるだけでサイズダウン”
「ヴァンキッシュ」が日本上陸!!

i08

改造手術受けてるみたいです。

そんな院長が惚れこんで、いち早く導入したのが、イギリスのターゲット型電磁波痩身治療機「ヴァンキッシュ」。なんだかヒーローの必殺技みたいなイカツさですが、その実力は相当なもの。

 

i09

複数の電極から脂肪細胞に狙いを定めて電磁波を照射する

スイッチを入れるとドーム型のアプリケーターの内部にある複数の電極から同時に高周波エネルギーが照射され、1秒間に2千7百万回もの高速で脂肪細胞を振動させ、筋肉や皮膚にダメージを与えることなく、脂肪細胞だけを摩擦熱で溶かすというのです。

これまでになかった革新的な技術には、国際特許の取得をはじめ、アメリカのFDA(食品医薬品局=日本の厚労省にあたる機関)でもその効果を承認されたという折紙つき。


 

i10

実際のビフォアー画像。ヴァンキッシュの施術後は?

1回の施術時間は約30分。
お腹、太もも、ヒップなど広い範囲の痩身が可能です。データによると1回の施術で腹部なら2~3cm、1ヵ月4回の施術で5~10cmのサイズダウンが可能だそう。
脂肪細胞自体を溶かすので、リバウンドしないことも大きな特徴のひとつです。

 

i11

アフター画像がこちら。ものの見事に減ってます!

ガイドが何度も「寝たまま」を主張するのは、このマシンのヘッドは体に触れることなく働きかけてくれるから。他のマシンでも施術の時は横たわった姿勢で受けますが、ヴァンキッシュは他のマシンのように体にマシンの一部が触れることが一切無いのです。
これならジェルやオイルを肌につくことに抵抗があった人も、くすぐったがりの人も問題なく受けられますね

 

効果はいかほど? マイナスポイントは? 堀内院長にズバリ伺ってみました!