アメリカから最も近いメキシコの観光都市ティファナ


tj1

メキシコとアメリカの文化を持つ独特な都市ティファナ。その海には国境の壁がそびえ立つ

miyagemono

AV.Revolucion(レボルシオン通り)のメキシコ土産物屋街

アメリカのカリフォルニア州と隣合わせの、メキシコの都市、バハカリフォルニア州ティファナ。バハカリフォルニア半島の最北に位置し、人口約140万のメキシコのなかで6番目に大きな都市です。
アメリカのサンディエゴから南へわずか24km、車で20分足らずという立地のよさから、アメリカ旅行のついでに観光客がよく訪れる場所でもあります。メキシコ北部の都市のなかでは、最も観光客が多い場所として知られ、年間約30万人が訪れています。
公用語はスペイン語ですが、サンディエゴまで通勤する住人も多いため、英語が通じるのも、旅行者にとっては嬉しいところ。

かつては、ダウンタウンであるセントロ(Centro)地区の土産物屋街で、メキシコ雑貨を気軽に買える場所という印象でしたが、ここ5年ほどで、町は急速に変わりつつあります。
いまティファナでは、豊かな地中海性気候によるバハカリフォルニア州の新鮮な地元の素材を使った、コンテンポラリーなメキシコ料理=Baja Med(バハメッド。バハカリフォルニアと地中海をかけた造語)のレストランが急増中。その味を試したい観光客たちのために、アメリカからツアーが組まれるほどです。

なお、ティファナは、太平洋標準時で、アメリカ・カリフォルニア州との時差はなく、メキシコシティを含むメキシコ中央部以南とは-2時間の時差があります。

ティファナの食や娯楽を紹介しています>>>メキシコ最高峰グルメの町、ティファナの楽しみ方


日本からティファナへのアクセス

aerop

メキシコ最北の空の駅、ティファナ国際空港(C)Grupo Aeroportuario del Pacifico

最もよく利用されるのが、日本からアメリカのカリフォルニア州まで飛行機で行き、サンディエゴ経由で陸路によって国境を越え、ティファナへ入る方法。ちなみにロサンゼルスからは車で2時間半、サンディエゴからは20分以内でティファナへ着きます。



アメリカからティファナ、ティファナからアメリカの国境の越え方 

 

arco

セントロ地区のアーチ型モニュメント (C)SECTUR BAJACALIFORNIA

アメリカからは車、バスなどを利用してそのまま入国するか、国境前まで電車で行き、徒歩でティファナへ行くことができます。アメリカからメキシコ(ティファナ)へは、ものの5分で入国できます。特別な入国審査はありません。

 ティファナからアメリカへは、車、バス、徒歩で入国します。その際には入国審査があり、その検問を通過して国境を越えるのに通常1時間半から2時間はかかります。

ちなみに平日(月~木)の朝5~9時と週末(金、土、日)の終日は混雑する時間帯です。
混雑時は最低3時間待つのを覚悟で並びましょう。

国境の越え方の詳細や注意点はこちら>>>ロサンゼルスから日帰りでメキシコ・ティファナ


メキシコ国内から空路での行き方

aero2

ティファナ国際空港内

メキシコシティやグアダラハラを含むメキシコ約30都市から、ティファナのヘネラル・アベラルド・L・ロドリゲス国際空港(Aeropuerto Internacional General Abelardo L. Rodríguez)への便が運行しています。飛行時間はメキシコシティからは約3時間、グアダラハラからは約2時間。メキシコ国内の航空会社のアエロメヒコとその傘下のアエロメヒコ・コネクト、アエレオ・カラフィアインテルジェット、ボラリスが、ほぼ毎日運行。

空港から市街への移動は、タクシーを利用します。空港から市街までは料金が250~300メキシコペソと割高ですが、安全です。空港から1本通りを離れたところで流しのタクシーを拾えば、セントロまでは100メキシコペソ程度ですが、安全の保証はないので利用は控えましょう。空港タクシー、流しのタクシーともにメーターがないので、乗る前に料金を確認し、交渉するのを忘れずに。


メキシコ国内から長距離バス利用の場合

abcbus

地元の長距離バス会社ABC(C)Autobuses de la Baja California

メキシコ北部の都市であれば、ティファナまで陸路で行くのは簡単ですが、メキシコシティからティファナまで陸路で行くのは可能でも、現実的ではありません。長距離バスは直行でも所要19~23時間。料金1900メキシコもします(メキシコシティからの航空運賃は2100~3500メキシコペソくらい)。直行バスはメキシコシティの北もしくは南バスターミナルからEstrella Blanca傘下のELITEという1等バスを利用します。

メキシコシティの長距離バスターミナル情報や、チケット購入方法などを紹介しています>>>メキシコの長距離バス

ティファナへの長距離バスが着くターミナルは、セントロ(Centro)、国境近くのリネア(Linea)、中央バスターミナルのセントラル・カミオネ ラ・デ・ティファナ(Central Camionera de Tijuana)の計3箇所。
この3つのターミナルから、メキシコ国内やアメリカへの移動のバスも発車しています。
ティファナ近隣の観光地、バジェ・デ・グアダルーペやエンセナーダへは長距離バスのほうがタクシーよりお得なので、ぜひ利用してください。
ちなみにティファナ国際空港からも、バジェ・デ・グアダルーペやエンセナーダ行きのバスが運行しています。

<DATA>
Central Camionera de Tijuana(セントラル・カミオネラ)
住所:Blvd. Lázaro Cárdenas y Río Alamar S/N,Fracc. Murúa
TEL:664-621-2982
アクセス:テカテ川(Rio Tecate)からすぐ。ラサロ・カルデナス大通り沿い

Central de Autobuses-Centro(セントラル・デ・アウトブセス-セントロ)
住所: Ave. Madero esq. Calle Primera, Zona Centro
TEL:664-688-0082
アクセス:蝋人形博物館(Museo de cera)から徒歩1分。

Central de Autibuses-Linea Internacional(セントラル・デ・アウトブセス-リネア・インテルナショナル)
住所: Vía de la Juventud Ote. #8800, Plaza Viva Tijuana, Zona Centro
TEL:664-621-2911
アクセス:国境から徒歩5分以内。


ティファナの市内交通機関について 

ティファナは車中心社会で、鉄道はありません。
路線バス(料金10メキシコペソ均一)と乗り合いバン(料金12メキシコペソ均一)は、セントロ(Centro)地区から、ティファナ市内のさまざなルートを通っていて、観光スポットであるソナリオ(Zona Rio)へも行くことができます。ただ、走っているのを見かけたら手を挙げて車を停めなければならないうえ、降りる場所を把握しておく必要があるため、旅行者にはハードルが高いです。

そんなときに役に立つのがタクシー。流しのタクシーであるリブレ(Libre)と、シティオ(Sitio)と呼ばれる無線タクシーがあります。ティファナのリブレはさほど危険ではありませんが、土地勘のない観光客はシティオを利用するのが得策。リブレもシティオもタクシーメーターがないので、乗車前に必ず料金を確認し、交渉しましょう。

参考までにセントロからソナリオへのリブレの料金は30~60メキシコペソ。セントロからビーチまでは80~100メキシコペソ。ティファナ市街から空港ヘは80~100メキシコペソです。

シティオを利用する際は、行きは宿泊先のホテルで呼び出してもらうか、ホテル専属のタクシーを利用し、帰りは出先のレストランやバーのスタッフにタクシーの呼び出しをお願いしてみましょう。シティオの料金はリブレの料金より約20%増しになります。

ティファナのシティオ会社>>>Taxi Libres de Tijuana Bajacalifornia A.C.


気候とベストシーズン

バハカリフォルニア州は太平洋とカリフォルニア湾に挟まれた地中海性気候なので、ティファナでは夏は乾燥し、冬は湿気が多くなります。

年間平均温度は21度と過ごしやすい気候です。最も暑いのは7月~9月最高気温は34度になることも。最も寒いのは12月~2月で、最低気温10度以下になるので、コートやダウンが必要。ベストシーズンは気候が安定している5、6月ごろ。


気になる治安は?

chian

メキシコ的な風景が見られるセントロ地区 (C)SECTUR BAJACALIFORNIA

ティファナは国境の町ということで、治安の悪さが心配されますが、米国の観光地カリフォルニア州に近いため、かなりコントロールされています。空港や国境の検問が厳しく、町の警察官の数も多いです。麻薬組織の抗争が激化した2008~2011年あたりは、危険な状態でしたが、現在は落ち着いています。活気のある町の中心部ならば、さほど治安に神経質にならなくても良いでしょう。とはいえ、繁華街から外れた人気のない場所や、ドラッグの売買を行っているような犯罪の匂いのする場所には近づかないように。

ティファナの通貨、両替事情

frida500

メキシコを代表する画家フリーダが印刷された500メキシコペソ札

ほとんどの店で米ドルが流通していますが、現地通貨のメキシコペソのほうが、お得に買い物できます。国境をふくむ町のいたるところに両替所があり、簡単に両替することができます。また、国際ATMネットワークが付帯したクレジットカードや銀行キャッシュカードが使えるATMでは、メキシコペソが引き出せます。

こちらも参考に>>>
メキシコの両替、クレジットカード事情

取材協力:Secretaria de Turismo Bajacalifornia、Nororu


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。