自然痩せのポイントは週末よりも平日

週末は太るのを気にしない⁉︎平日ダイエットで頑張ろう!

友達との外食を楽しみながらのダイエットも可能!

ニューヨーク・コーネル大学の研究によると、ほとんどの人の体重増減には決まったパターンがあり、ほとんどの人が平日に痩せ週末に太っていることがわかったそうです。

この研究は、25歳から62歳でぽっちゃり体型の男女80人に、食事は普通に摂ってもらった上で10か月間朝食前に体重を量ってもらい、連続7日間しっかり量った週のパターンのみ分析にまわすというもので、目的は、1週間が体重変動にどう関係しているのかを分析すること。そしてその毎週のパターンを、研究後に体重が増えた人、減った人、変わらなかった人の3つのグループに分け、細かく分析しました。

その結果、全ての人が日曜と月曜の朝に1番重く、金曜の朝に1番軽いという体重変動を見せ、どのグループもこの変動は全く同じだったそうです。

ただし、(ここからが重要)研究後に痩せていた人のパターンは、月曜からすぐ体重が減り始め金曜まで緩やかに減り続けているのに対し、体重が増えた人はそうではなく、月曜や火曜になってもそれほどの減少がなく変動は少なかったそう。(体重をキープしていた人は痩せていた人のパターンに似ていた)

この結果は自然ですよね。やはり多くの人は平日のスケジュールが規則的で活動的であり、どちらかというと食事などにも気を使いやすい状況にある反面、週末はいろいろな誘惑がありますから。

そしてこれは、短期間で増えた体重は短期間で戻せば太ることはないという話の裏付けにもなっています。

でもこの研究で私が注目したいのは、この研究に参加して自然に痩せていったグループの人たちは、特にダイエットを意識していなかったのに自然と痩せていた、というところ。意識していたのは、「週末に少し体重が増えたようなので、少しヘルシーな食事を心掛けよう」という事だけ。
 

ダイエットを頑張らずとも痩せられる

意識するのは痩せる事ではなく、ヘルシーな食事やライフスタイル!

意識するのは痩せる事ではなく、ヘルシーな食事やライフスタイル!

ダイエットを頑張っている人の中には、週末やそれ以外の日に食べ過ぎてしまい体重が太ってしまったことにショックや焦りを感じ、どうせ太っちゃったし……と、そのままダイエットを棒に振ってしまう人もいます。

でも、週末に友達と会って美味しいものを食べたりスイーツを食べ過ぎて少し太ったとしても(もちろん週末に極端に5000~6000kcalもとっていたら話は別ですけど)、また月曜からヘルシーな食事を摂り健康に気を使っていけば、自然と痩せていくんです。

ご飯を抜く!スイーツは我慢!と、根を詰めて頑張らなくても、例えば、野菜を多く摂る、揚げ物よりも焼き物や煮物を選ぶ、スイーツをフルーツに変えてみる、パスタはクリーム系よりもトマトや和風を選んでみる、和食中心にしてみる、腹7~8分目を意識する、たまには朝ごはんをスムージーにしてみる……

週末は少し羽目を外したとしても、すぐ気を取り直しその都度ヘルシーな選択をしていけば、長い目で見た時の「ダイエット成功者」となれるのではないでしょうか。

もしかしたら、この記事を最後まで読んで、「こんなの自然じゃない! 平日週末関係なく好きなものを我慢しないでいっぱい食べて、それでも自然に痩せられる方法じゃなきゃ意味ない!」と思う人もいるかもしれませんね。

でも、少しの間の頑張りが、スリムで健康的なカラダを手に入れそれをキープすることに繋がるのではなく、自然とヘルシーな選択が出来るような食のスタイル、ライフスタイルを身に着けることが、結局は、頑張らなくても自然にスリムでいられることに繋がります。

いつまでも自分の不健康な食のスタイルを変える気もなく、「でも痩せたい」というのは、それこそ自然ではないと気づき、変える気持ちを持つことが自然痩せへの第一歩だと思います。

多くの人が、自然と週末に若干太り平日に若干痩せているというのなら、生活リズムが決まっていることが多く、規則正しく生活しやすい平日に、無理なくヘルシーな生活を意識して、自然とダイエット成功者に近づくようトライしてみてはいかがでしょうか。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。