自分の手で気になるウエストラインのくびれを作る

ウエストのくびれ

ウエストのくびれ

薄着になって、おなかやウエストラインが気になる季節になりました。

今回はこの季節にぴったりの、ウエストラインをシェイプするために効果的なリフレクソロジーと、ウエストの揉み出し方をお伝えします。

どこのパーツであっても、痩せたいのであればその部位の温度を上げ、柔らかくすることが大切です。

私のサロンではウエストラインのスリミングを希望でも、ほとんどの場合、足裏からお手入れにはいります。「なぜ足のマッサージから?」と言われることがありますが、人間の血流はおなかだけで完結していないので、リバウンドなく痩せる為には、全身の巡りを良くすることが大切だからです。

長年サロンでお客様の変化を見てきて、足のリフレクソロジーは、代謝や血流を促すのに最高に効果的だと確信しています。足裏を押すだけでポカポカしてくるのがわかるはずです。

痩せたければ、まずは巡りの良いカラダを作ること。巡りが良くなれば老廃物が排出され易くなります。崩した脂肪細胞も老廃物と一緒に捨ててしまうことができます。

次に、痩せたいと思っている部位を柔らかくなるようにほぐします。皮下脂肪はじわじわつきはじめ、簡単には落ちません。皮下で脂肪が厚くなってしまうのを防ぐのに、次に紹介するたたみおろすテクニックはとても効果的です。プロがサロンで使う技です。脂肪が厚いと痛いですが、放置しておくとどんどん厚くなってしまいます。はじめは痛くても、続けるうちに痛みはなくなりますので、がんばって!!

リフレクソロジーではおなかの血流を良くするポイントを刺激します

腎臓-輸尿管-膀胱、老廃物排出を司る反射区

腎臓-輸尿管-膀胱、老廃物排出を司る反射区

1.腎臓-輸尿管-膀胱、老廃物排出を司る反射区

土踏まずの中央上部から、かかとの内側の付け根まで力を抜かずに指をすべらせます。

 
胃、膵臓、十二指腸、消化機能を活性化する反射区

胃、膵臓、十二指腸、消化機能を活性化する反射区

2.胃、膵臓、十二指腸、消化機能を活性化する反射区

土踏まずの内側に位置するので、土踏まず上部内側を円を描くように刺激します。

 
小腸、大腸、栄養の吸収、排泄を司る反射区

小腸、大腸、栄養の吸収、排泄を司る反射区

3.小腸、大腸、栄養の吸収、排泄を司る反射区

小腸は土踏まずの中央をかかとに向けて強めに刺激。大腸はコの字を描くようにしっかり押します。とくにかかとと土踏まずの境目は便秘解消の重要なポイントです。

 

ウエストラインの揉み出し方

時計回りにマッサージ

時計回りにマッサージ

1.手のひらを重ね、おなか全体を時計回りにぐるぐる回します。しっかりめに5~6回。

 
ウエストの脂肪をたたみおろす

ウエストの脂肪をたたみおろす

2.脂肪をつかみ、両方の親指で崩すように上から下にたたみおろします。まんべんなく行いましょう。

脂肪が厚くなると痛みがあります。少々痛くてもしっかり崩しましょう。腰骨(リンパ節)の方向に向けて流します。各4~5回。

 
後ろから前にかき出す

後ろから前にかき出す

3.後ろから前へ両手でシェイプするように、しっかりかき出します。左右各5~6回。

 
ウエストラインを絞る

ウエストラインを絞る

4.後ろから前に絞るようにラインを作ります。4~5回。

 
ぎゅっと絞る

ギュッと絞る


 
ウエストは骨の支えもないので、もっとも効果の出やすい部分です。集中的に朝晩行えば数日で形が変わるはずです。先日、体験モデルに試してもらったところ、1週間で6cm細くなったと報告がありました。みなさんもがんばってやってみてください。

お手入れ時には皮膚を保護する目的と、滑りが良く、やりやすくなるように、ボディクリームやオイルなどをつけて行う事をお勧めします。スリミング効果のあるものを使って相乗効果を目指しましょう。

アロマドゥースundefinedボディエッセンス

アロマドゥース ボディエッセンス

お勧めはアロマドゥースボディエッセンスです。脂肪分解と排出を目的にした精油をブレンドしたエッセンスは、サロンでのお客様への経験を基に私がブレンドしました。

日本女性の悩みを解消させるために作ったエッセンスですので、ウエストだけでなく、太ももやヒップの悩みにも効果的です。塗るだけで効果が上がるように、浸透性を追求しています。即効性を求める方にとてもお勧めです。詳しくはアロマドゥースサイトへどうぞ。

 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。