夏への準備

イメージ画像

戸外の時間を楽しむ人々

3月末に夏時間になり、日一日と日照時間が延びると戸外に出るのが心地よくなります。公園でも、朝の散歩したりジョギングしたりする人の数がぐっと増えます。

太陽の光と木々の緑に力強さが増してきたら、いよいよ戸外生活の楽しい季節。インテリアやDIYのお店で戸外で過ごすのに便利でお洒落なアイテムを揃えるようになると、気分はすっかり夏モードです。

晴れた週末には、パリの公園でも戸外の時間を楽しむ人で溢れます。


5月のロング・ウィークエンド

5月は祝日があるので、なんとなくウキウキした空気が感じられます。

というのも、フランスでは祝日が木曜日の場合、翌日の金曜日に有給を使って木曜日から日曜日まで4日間の長い週末にすることができるのです。
祝日が火曜日でも土曜日から火曜日までの週末にできます。
このことを faire le pont (フェーる ル ポン)、「橋を作る」といいます。

今年、2014年は
1日のメーデー (Fête du Travail)
8日の1945年5月8日戦勝記念日 (Victoire du 8 mai 1945)
のほかに、移動祝日の昇天祭 (Ascension) が29日にあり、1、8、29日が祝日です。
※ 移動祝日の聖霊降臨祭の翌日の月曜日 (Lundi de Pentecôte) が5月にくる年もあります。

今年はこの3回の祝日がすべて木曜日にあたっているので、なんとなくウキウキしているのもおわかりになることでしょう。もちろん、すべてのフランス人が3回すべて長い週末を取っているわけではありませんので、誤解されませんように。


旅行者も気軽に楽しめるピクニック

一般に、戸外でランチやディナーを家族や友人とわいわい楽しめるのでバーベキューやピクニックが好まれています。いずれも、誰かの庭や公園で手軽な料理を囲んで、気の合う仲間とおしゃべりに興じたり、家族とゆっくり過ごす楽しい時間です。

バーベキューは火も必要なので、旅の途中に楽しむのはちょっと難しいかもしれませんが、ピクニックなら手軽に楽しむことができます。

サンドイッチと飲み物を手に、公園の芝生に陣取ったらそれでもう立派なピクニック。
お昼休みにベンチで日向ぼっこや読書、おしゃべりを楽しむフランス人もたくさんいるはずです。ぜひ、フランス人に混ざって戸外の時間を楽しんでください。

次のページでは具体的なピクニックをご紹介します。