ショースター蘭寿とむ

“蘭寿とむ”を語る上で忘れてはならないのが、ダンス。
踊れる相手役、蘭乃はなさんとのデュエットダンスのレベルの高さ、リフトの美しさは格別でした。また蘭寿さんの掛け声で始まる群舞はどれも、ダンサー全員の気持ちが固くシンクロし、高揚感あふれるものでした。スーツ姿で踊れば、宝塚歌劇団史上に残る名ダンサー、大浦みずきさんを彷彿させるテクニックとセンスの良さ。最高級のダンサーであり、数々の名シーンを私たちの記憶に残しました。

『CONGA!!』

(C)宝塚歌劇団 (C)宝塚クリエイティブアーツ

「何度でも観たい……」誰もがそう思ったであろうNo.1は2012年の黒塗りのショー『CONGA!!』。熱気で始まるプロローグ、観客と作ったエル・クンバンチェロ、ギラギラの中詰、ブルーの総スパンから白の衣装へと続くフィナーレナンバーの盛り上がりは、劇場という空間の風を動かすようでした。“蘭寿とむ”を敬慕する組子全員のイイ顔も忘れられません。


外部での活躍

宝塚歌劇団外部でも活躍しました。
カメラ目線のウインクが話題になった2003年「エンタの神様」(日本テレビ)でのモーニング娘。とのコラボ。一流のバレエダンサーと共演した、服部有吉2005 Presents『R・Hatter《アール・ハッター》』。
「SMAP×SMAP」(フジテレビ)への出演は多く、2007年には、SMAPの皆さんと宝塚のレビューを。今年1月には「スマ進ハイスクール」に、柚希礼音さん(星組トップ)、凰稀かなめさん(宙組トップ)と共に講師として出演しました。
また、宝塚の、とりわけ蘭寿とむさんの大大大ファンの女優・北川景子さんと「宝塚歌劇100年の愛」(TBS)や「SMAP×SMAP」のBISTRO SMAPにも出演しました。


故・春日野八千代さんが「宝塚の舞台人に必要なのは品格」とおっしゃいましたが、どんな役を演じても蘭寿さんには品格がありました。だから、官能的な振りも、歯の浮くような台詞も、熱いラブシーンも、決して粗野には見えず、爽やかで満開の笑顔と共に、魅力的で洗練されていたのでしょう。

蘭寿とむ退団記念DVD「人夢―とむ―」―思い出の舞台集&サヨナラショー―

(C)宝塚歌劇団 (C)宝塚クリエイティブアーツ

また、トップスターになってからの蘭寿さんの舞台姿は「こんなに大きかった?」と、実際の長身よりさらに大きく見えたものでした。高いテクニックやスキルとは別次元で、すべてから解き放たれたように自然な演技。感情すべてを優しさで表現するその器の大きさ、包容力を強く感じました。

客席から見る舞台は感動的で美しいです。そして舞台から見る客席の光景も、とても感動的なものです。観客の笑顔、息遣い、拍手、ペンライトの灯……。その美しさは「このために歩んできた」と思える、何にも代え難いものです。
蘭寿さんはその美しさを愛おしんでいるかのように、観客や仲間と寄り添い、包み、動かしました。

蘭のように華やかに気高く咲いたトップスター、蘭寿とむ。
数々の名シーンと共に、無限の愛を忘れません。

まゆさん、ありがとう。
お疲れ様でした。


■関連記事
花組トップスター・蘭寿とむさん、退団発表!
宝塚歌劇団 トップスターの変遷

*)宝塚歌劇団・小池修一郎の脚本・演出により、世界で初めて舞台化された『オーシャンズ11』。2011年に星組(柚希礼音主演)が初演し、2013年に花組(蘭寿とむ主演)が再演しました。そして2014年6月、宝塚歌劇団を飛び出し、香取慎吾さん主演にて上演されます。
『オーシャンズ11』公式サイト




【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で宝塚のCD・DVDを見る

Amazonで宝塚のDVDを見る


■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。