口の汚れと臭いは比例する?

歯を白く明るくするのと同じ位気を付けたいのが「口臭」。歯だけではなく、舌や歯ぐきのケアをしっかり行うことで口臭を防ぐことが出来ます。

歯ぐきのマッサージも大切です

歯ぐきのマッサージも大切です

例えば舌は舌専用のブラシや綿棒で汚れを落とし、歯の表面に白く付着する舌苔(ぜったい)を落としてあげることで口臭を防ぐことが出来ます。

また歯磨きの時に見落とされがちな、歯ぐきのマッサージも大切。歯と歯ぐきの間にクッと歯ブラシの先端を当て、優しく小刻みに動かすことで歯の根元と歯ぐきのマッサージを行うことが出来ます。

本来歯ぐきはハリがあるピンク色をしていますが、マッサージを行わないと充血したような赤黒い色になってしまったり、少し刺激が加わるだけで出血したりしてしまいます。歯肉炎や歯槽膿漏を防ぐためにも歯ぐきのマッサージはしっかり行いましょう。

口臭をアップさせてしまう悪習慣

口の中のケアに加え、口臭をアップさせてしまう悪習慣にも気を付けましょう。
例えば
  • スパイス類を多く食べる
  • 飲酒
  • タバコ
  • ストレス
などは、口臭をアップさせてしまう習慣です。こまめに口をゆすいだりして、口の中を清潔にキープするクセを付けるようにしましょう。

口元ケアで、ワンランク上の美を!

肌や髪よりも、見落とされがちな口元ケア。しっかりケアをすることで、見た目の清潔感がアップするだけでなく、相手からの第一印象も大きく変えることが出来ます。これからの季節、爽やかな口元を手に入れて、ワンランクアップした素敵な口元で過ごしましょう!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。