第一印象UPの口元ケア

段々と気温が暖かくなり、明るい色の服を着ている方が増えて来ましたね。新しい環境がスタートする季節として、いつも以上に身だしなみやパーツケアに力を入れている方も多いのではないでしょうか。

パーツケアとして、忘れてはいけないのが口元のケア。気付かないうちに歯が黄ばんでしまっていたりと、肌などと同じ意識で口元のケアを行っている方は少ないのかもしれません。新しい環境などで、初対面の人と接することも増える春に向けて、口元を明るくキープするケアと、ぜひ気をつけたい口臭ケアをご紹介します。

第一印象で重要なのは口元

口元で印象が大きく変わります

口元で印象が大きく変わります

2013年8月、@DIMEが「異性の第一印象で重視するポイント」のアンケート調査を男女1000名に行いました。結果は、第1位が「口臭」でなんと67.0%、2位が「歯の黄ばみ・着色汚れ」で51.2%となり、第一印象に口元の印象が大きく関わっていることが分かりました。


 

歯が白いと見た目年齢が下がる?

口元が明るく清潔にキープされていると、見た目年齢がぐっと下がると言われています。実際、歯が黄ばんだり変色してしまっている状態と、白く明るい歯の状態を比べてみると、顔全体の印象が大きく異なります。明るい色のスカーフなどを顔回りに持ってくることで顔を明るく、若々しく見せることが出来るように、口元が明るいと顔全体のトーンが上がり、若々しく見えます。

白く明るい歯をキープする方法は、
  • 食後の綿棒ケア
  • フロスで歯間ケア
  • 歯磨きで、歯と歯ぐきをマッサージ
  • クリーニング
  • ホワイトニング
など、いくつかピックアップすることが出来ます。それぞれのポイントなどを詳しくチェックしたい方は、ぜひ前回記事「歯を白く!簡単自宅ケアと歯科でのケア」をご覧ください。

次のページでは、目に見えない「口臭」ケアをご紹介します。