駅がリニューアルされた人気の街に開店!

KdM 吉祥寺店undefined外観

アトレ吉祥寺の1階、セレクトショップ「デフリシュール」のインショップとしてオープンしたケーニッヒ デア マイスター 吉祥寺店の外観です。必要にして十分な大きさ。内容次第では渋谷の本店に移送しての修理となります。

JR中央線と京王井の頭線が接続し、新宿にも渋谷にも20分前後で行けてしまう吉祥寺。単に交通の便が良いだけでなく、商業地と住宅地それに井の頭公園を代表とする緑地が仲良く共存し、また周囲に大学・高校が幾つもあり平日の昼でも賑わいが絶えないためか、東京の住みたい街ランキングで常に最上位レベルを守り続けているのは、多くの読者もご存じでしょう。

23区ではなく武蔵野市ですので、固定電話の市外局番が03ではなく0422なのが唯一の泣き所とふた昔前までは言われていましたが、携帯電話がこれだけ浸透するとそんなことはもはや全く気になりません。

その中心=吉祥寺駅は、JR東日本と京王電鉄が結果的に歩調を合わせる形で数年来行っていた構内と付属する商業施設の大改造が、ようやく完成の段階となってまいりました。まさに多摩地区のゲートウェイと呼ぶべき、より使いやすいターミナルとなること確実なのですが、それに先がけ2013年9月に増床されたJR側の駅ビル=アトレ吉祥寺の1階に、靴のリペアコーナーも登場しています。場所はセレクトショップ「デフリシュール」の中、つまりインショップ形式でのリペア工房です。

そのコーナーを運営するのは、以前ご紹介した渋谷に本拠を構える実力派シューリペアサロン「ケーニッヒ デア マイスター(König der Meister)」。修理メニューも渋谷の本店とほぼ同じで、レディスのピンヒールの交換のような簡単なものからウェルト交換を伴うオールソールリペアまで対応していただけます。それにしても代表の出原さん、これは非常に良い場所に、しかもとても良いタイミングで支店が出せたなぁ…… 。

と言うことで、次のページでは代表の出原さんに、この吉祥寺店の魅力を色々と語っていただきましょう!