ノルウェーが誇る世界遺産、カラフルな木造家屋「ブリッゲン」

ブリッゲン

カラフルな木造建築郡「ブリッゲン」 Photo: Asaki Abumi

ノルウェー南西部に位置する第2の規模の都市「ベルゲン」。フィヨルド観光の拠点地として世界中からの観光客に人気があります。この都市で必ず訪れておきたい観光スポットが、三角屋根の木造家屋が並ぶ「ブリッゲン/Bryggen」地区。ハンザ同盟時代の名残を残す建築物として、1979年にユネスコの文化遺産に登録されました。計61棟になる赤レンガ色やクリーム色に塗られた木造家屋はベルゲンの中心地に位置し、フィヨルドが流れ込むヴォーゲン(Vågen)湾沿いにずらりと並んでいます。

別記事「ノルウェーの世界遺産」

ドイツ人居住区、干ダラ商館として栄えた歴史ある建築物

ブリッゲン

ビーフィヨルドが流れ込むヴォーゲン湾に面するブリッゲン Photo: Asaki Abumi

ブリッゲンは、かつてハンザ商人の事務所・商館・宿泊地として使用されていた場所。「ハンザ商人」とは、14~16世紀半ばに隆盛を迎え、バルト海沿岸の交易を独占していたドイツの交易商人を意味します。ノルウェーは干ダラの生産国でもあるため、ブリッゲンは干ダラ(乾燥ダラ)の取引の中心地として、ハンザ同盟都市となりました。1360年以降、その後約400年にわたって、ハンザ商人たちによる支配は続きます。

建物の一部は干ダラの倉庫となり、窓からの滑車を使用して、2階から地上への、干ダラの上げ下ろしも行なわれていました。木造という建築構造上、火事に何度か遭いましたが、その度に修復・復元。ハンザ同盟時代の名残は今でも建物のあちらこちらに残っており、内部を歩いていると、過去へタイムスリップしたかのような印象を受けるのではないでしょうか。

ブリッゲンを歩いていると、今でもシーフードの中心地であることを思わせる、「魚」という意味の「フィスク/Fisk」というアルファベット文字が刻まれた看板、魚の形を彫った看板などが見かけられます。全てが木造でできているため、歩いていると、足元で木造の床がギシギシと音を立てます! ちなみに、ノルウェーのスーパーや飲食店では、ハンザ時代の名残を連想させる「ハンザ/Hansa」というブランドのベルゲン産ビールが販売中。ベルゲンでブリッゲン観光をした後は、ハンザ・ビールを片手に、その日の旅行を振り返りながら夜を過ごしてみはいかがでしょうか。