集大成で魅せるドゥクフレ・ワールド!

この夏、フィリップ・ドゥクフレが自らのカンパニーDCAを率い、8年ぶりとなる待望の来日を実現! ドゥクフレといえば、サーカス学校出身という異色の経歴を持ち、ダンスにアクロバット、映像にトリックを交えたファンタジックなステージで魅了するコンテンポラリー・ダンス界きっての鬼才であり異才。また1992年に開催されたアルベールビル冬季オリンピック開会式の演出を31歳の若さで手掛けたことで、ダンスの枠を越え世界中に広くその名を知られています。

ph

『PANORAMA』 (c)Christian Berthelot


今回の来日公演では、自身の集大成ともいえる『PANORAMA ―パノラマ』を上演。過去に発表した『バーグ・カフェ』(1983)、『コデックス』(1986)、『トリトン』(1990)、『シャザム!』(1998)といった自身の代表作からハイライトシーンを一挙に集めて再構成し、奇想天外なドゥクフレ・ワールドの魅力を余すとこなく披露します。

ドゥクフレが本作に込めた想いとは……? 来日公演に先駆け、創作の発端とこだわり、見所についてお聞きしました!

ph

フィリップ・ドゥクフレ (c)Cie DCA