今回はこんな質問が届きました
「目が出っ張っていてアイメイクが似合いません」

Q.目が出っ張っている場合は、どうすればカバーできますか? 軽いメイクも「派手になる」のではなく、「気味が悪く」なるので悩んでいます。(20代・自由業)


A.深みのある色で、目の際を細く引き締めましょう!

出目を隠すアイメイクの仕方は?

出目を隠すアイメイクの仕方は?


眼球が大きく、まぶたの丸みが全面に出ていると、ちょっとメイクするだけでも確かに派手な印象に見えてしまいます。「痩せた目元を膨張色でふっくら見せる」のとは逆のテクニックで、引き締め色ですっきり見せるのがいいでしょう。

引き締め色は、広く使うのではなく、目の際にごく細くぼかします。目の丸みに合わせてアイカラーを入れてしまうと、かえって目元を強調してしまうことがあるかもしれません。「目の際」をいちばん濃く、広げても「二重の幅」まで。ぼかしも広げすぎないことです。締め色のアイカラーには、ピンクをちょっと感じさせるダークブラウンや、グレー系を使うとイマドキ感を楽しむことができますよ。

影色を目の際にぼかして深みをつけたら、アイラインを“クッキリ”入れましょう。クッキリとは、ラインは細くても、色がしっかり出ているということ。ジェルやリキッドを使うといいですね。目が出っ張っている人は、特に黒目の上のところが丸く出て見えるはず。黒目の上は、ラインをうんと細く控えめにするといいですよ。あえて、黒目の上は引かなくてもいいくらい。これは目を丸くしたい人と逆のテクニックです。

ちなみに黒目の上にラインが全くないよりは、まつ毛の内側にでもラインが引いてあったほうが、目が引き締まってすっきりと見えるので、できれば黒目の上のみインサイドにラインを入れてみてください。さらに、下まぶたの目尻にも締め色をぼかすと効果的。範囲は目尻3分の1から、4分の1程度。まつ毛際に沿ってぼかし、目尻はやや長めに伸ばして終えればすっきりコンパクトに。

まつ毛はカールで持ち上げたり、ボリュームを出すというより、立体感と長さを出すようにします。要は、目の際を締め色でキュッと引き締めたいので、根元にはマスカラをしっかりつけつつ、毛先を細く引き伸ばすようなイメージで、まつ毛を放射状に広げて見せるのがコツ。でも、大きな目は個性でありチャームポイントですよね。メイクで悪目立ちしないようちょっと注意しつつ、バランスよくアイメイクを楽しんで下さいね。

山本さんのおすすめアイテム

 

高発色でまつげの根元に埋め込むように描ける極細ライナー
今まで以上に瞳が際だって見える高発色。極細筆ペンタイプで描きやすい。ウォータプルーフで汗、涙にも強い。極細アイライナーR 10 ブラック 580円(税抜)/セザンヌ化粧品



 


 

山本浩未さん プロフィール
さまざまなメディアで大人気のヘア&メイクアップアーティスト。取り入れやすいメイクテクが、幅広い年代の女性に支持される秘密。
公式Twitterはこちら>>
公式Facebookはこちら>>
 


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。