春の薬膳養生の炒め物

所要時間:10分

カテゴリー:メインのおかず炒め物

 

春の精神的な不安定を抑える養生な炒め物

春は、木の芽時とも言われ、精神的に不安定になりやすい季節です。
イライラしたり、落ち込んだり、テンションが上がりすぎて5月ごろに疲れが出たりしやすいのが特徴です。それを根本的に解消する春の養生な炒め物レシピです。
春にもっとも影響を受けるのが五臓の中の「肝」です。肝は体のエネルギーである気を全身に巡らす働きがあり、気がスムーズに巡らなくなるとイライラしたり、ふさぎ込んだりします。春は肝が不安定になりやすい季節なので、肝を養生することで、精神的に不安定になる事を防げます。レバー、人参、ほうれん草、クコ、イカなどの食材がお勧めです。


春の養生な炒め物の材料(4人分

春の養生な炒め物
ほうれん草 1把
豚レバー 200g
にんじん 1本
クコの実 4つまみ
クレソン 1束
バルサミコ酢 大さじ3
赤ワイン 大さじ3
醤油 大さじ1
サラダ油 大さじ1
ひとつまみ

春の養生な炒め物の作り方・手順

春の養生な炒め物

1:材料を揃えます

材料を揃えます
ほうれん草とクレソンは4センチに切り、人参は短冊に切ります。豚のレバーはスライスしてあるものを購入するか、薄めにスライスをします。

2:炒めます

炒めます
フライパンに油をひいて、レバーを両面炒めたら、人参を加え、更にほうれん草も加えて炒めていきます。
人参が柔らかくなったら、赤ワインを加えます。アルコールが飛んだらバルサミコ酢、醤油も加えて1,2分煮詰めます。
味が薄ければ、塩で味を調整します。

3:盛り付けます

盛り付けます
お皿に盛り付けたら、クレソンとクコを散らします。

ガイドのワンポイントアドバイス

クコも一緒に炒めるとクコが柔らかくなります。

投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。