白菜とレモンのさわやかあんかけ豆腐

所要時間:10分

カテゴリー:メインのおかずあんかけ

 

白菜とレモンのさっぱりあんかけ豆腐

熱中症対策には体内をクールダウンさせること、汗を過剰にかかないこと、水分補給をすることが大切です。また食事をしっかりとることも大事になります。ついつい食欲が湧かないからと口当たりのよい、冷たいものばかりを食べていると胃腸の働きがますます鈍くなり、夏ばてが悪化する負のスパイラルに陥ることがあります。

薬膳では、豆腐、白菜(性質は平性、作用は清熱)きゅうりは体を冷やす食材、レモンは汗を過剰にかくのを防ぎ、汗で失われた水分を補う食材と考えます。味としても、レモンを使うことで爽やかにさっぱりと仕上がるので食欲がないときにも食べやすい料理になります。


白菜とレモンのあんかけ豆腐の材料(4人分

白菜と豆腐とレモンのさわやかあんかけ豆腐
白菜 2枚
にんじん 1本
たけのこ 1袋
きゅうり 1本
絹ごし豆腐 2丁
わかめ 乾燥で2g
ひとつまみ
薄口醤油 大さじ1と半分
水溶き片栗粉 適量
4カップ
レモン 1個

白菜とレモンのあんかけ豆腐の作り方・手順

白菜と豆腐とレモンのさわやかあんかけ豆腐

1:材料を揃えます

材料を揃えます
材料を揃えます。

きゅうりは斜め切り、わかめは水で戻しておき、白菜は1センチ程度のざく切りにします。

人参は1センチ程度の短冊切り、とうふは1丁を半分に切ります。レモンは数枚を輪切りにして、残りは絞ります。

2:人参から煮ます

人参から煮ます
鍋に水4カップと人参、たけのこを入れて煮ます。

3:さらに煮ます

さらに煮ます
3分ほど煮たら、白菜、きゅうり、レモン、わかめも加えて更に煮ます。

さっとひと煮たちしたら、レモン汁、塩、薄口醤油で味をととのえて水溶き片栗粉でとろみを付けます。

豆腐は別の鍋で2分ほど茹でておきます。

4:盛り付けます

盛り付けます
豆腐を器に盛り、その上にあんをかけます。

ガイドのワンポイントアドバイス

豆腐は茹でておかなくて、冷たいままでも問題ありません。あんの熱で豆腐も温まります。このあんを、焼き魚にかけても美味しく食べられます。


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。