明るい唇&口紅が似合う口元ケア

口元が明るくなると印象が変わります

口元が明るくなると印象が変わります

唇や歯などの口元は、第一印象にも大きな影響を与えると言われています。特に歯全体が白くて明るい色だととても清潔感があり、美しい印象を受けますね。歯の色や汚れを気にされてクリニックに来院される方はとても多くいらっしゃいますが、日頃の小さな積み重ねで、歯を明るい状態にキープすることが出来ます。手軽に出来るケア方法をいくつかご紹介します。

 

■食後のケア
食事の後や色の濃いコーヒーなどを飲んだ後、歯を磨くことが望ましいですが、なかなか時間をとることも難しいですよね。そんな時には、綿棒で歯の表面をさっとこすって汚れを落とすことをお勧めしています。

歯磨き粉を付けなくても、優しく綿棒で歯の表面をこするだけで、汚れが落ち、歯へ汚れが沈着するのを防ぐことが出来ます。綿棒ならさっと使ってすぐに捨てられますので、忙しい方や歯ブラシを持ち運ぶことに抵抗のある方にもオススメです。

■寝る前のケア
歯を念入りにケアするのは、就寝前がオススメ。いつもの歯ブラシだけのケアではなく、デンタルフロスや歯間ブラシを使って、歯のすき間に付いている汚れもしっかり落としましょう。歯並びなどに合わせて様々な太さのものが用意されていますので、いくつか試してみて、ご自分に合ったものを探してみて下さい。

■それでも難しい場合はクリニックへ
こまめにケアをしてもどうしても歯の色が気になるという方は、ぜひクリニックへ。いきなりホワイトニングではなく、エアフローにより歯の表面に水やパウダーを高圧噴射させるだけで、驚く程歯が明るくなります。特に喫煙習慣のある方は、歯ブラシケアではヤニが落としにくいので、定期的にクリニックでメンテナンスを行うことをオススメします。またクリニックに通うことで口腔内全体をチェック出来るので、虫歯の早期発見や歯周病予防にも効果的です。

今年はぜひ、唇&歯の口元総合ケアを!

色々なケア方法をご紹介してきましたが、今年はぜひ、口元のケアにこだわってみて下さい。驚く程印象が変わるので、ケアをすればする程、お顔全体が明るくなり、美容効果は抜群です。今まで様々なパーツケアにこだわってきた方にも、今年はぜひ、お口元の総合ケアをオススメします!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。