シェアハウスの火災保険はあるの?

シェアハウスの火災保険はあるの?

1つの住居を何人かで共有するシェアハウスやルームシェアなどで居住する形態も近年増えてきています。

住宅には持ち家、賃貸問わず火災保険が必須ですが、複数の人が1つの住居を共有するとなると、誰がどのように火災保険の契約をすればいいのかちょっと分かりにくいものです。

第三者に対して損害賠償事故などを起こしてしまった場合の責任関係なども、同居している人からすると、お互いに不安な面があると思います。今回はシェアハウスと火災保険について解説していきます。

一般的な火災保険の契約形態について

最初に、一般的な火災保険の契約形態について確認しておきましょう。火災保険を契約する際には「契約者」及び「被保険者」を記載します。

例えば持ち家で建物に火災保険の契約をする場合、被保険者はその建物の所有者になります。夫婦共有であれば夫婦2人が被保険者になります。契約者は一契約について一人ですので、この場合であれば一般的には夫か妻のいずれかが契約者になります。

賃貸の場合であれば、借りている物件について家主さんと賃貸借契約を締結しますので、その人が被保険者、契約者は被保険者と同じになるケースが多いでしょう。被保険者は特に記載しなければ契約者と同じ人になります。

シェアハウスに住む場合も火災保険は必要?

シェアハウスに住む場合にも火災保険は必要です。これは自分1人が賃貸物件に住んでいるときと変わるものではありません。

住居をシェアしている同居人が他にいるというだけで、その住まいを取り巻くリスクに違いはありません。その観点から考えると、シェアハウスの火災保険も、通常の火災保険と補償内容に大きな違いが出るものではないということです。

ただし気にしておかなければならないのは、火災保険の契約をしている被保険者本人は良いとしても、他に誰が補償の対象に含まれているかということです。

同居人について補償の対象外なら、その人の家財はもちろん第三者に対する損害賠償事故を起こした場合にも補償がありません。同じ住居に住んでいる立場からすると、お互いに不安でしょう。

「それは相手のことで自分には関係ない」と思うかもしれませんが、同居人が無保険で事故やトラブルに巻き込まれれば、経済的に困窮する可能性があります。今後の家賃を含めた生活費に支障が出れば大いに関係があります。

シェアハウスではどんな火災保険を選べばいいの?

シェアハウスやルームシェアといった住居の利用が増えていることを受けて、損害保険各社等も契約条項の見直しをしています。

賃貸用の火災保険では、賃貸借契約書などに同居人として名前を記してある場合、親族以外でも被保険者となれるように改定している損害保険会社、少額短期保険会社があります。

この契約条項がある火災保険なら、同居人まで補償の対象になるということです。しかしすべての損害保険会社、少額短期保険会社がこの内容の改定をしているわけではありません。

シェアハウスなどをする前提がある場合、賃貸物件の契約時に同居人も明記しておく必要があります。

持ち家の場合には、そもそも建物を所有していない同居人は被保険者になることができません(建物に火災保険を付帯する場合)。こうしたケースでは火災保険は分けて考える必要があります。

シェアハウスの火災保険の注意点とポイント

ここまで解説したように、シェアハウスなどでも同居人まで対応できるように火災保険も変わってきています。同居人を対象にしない火災保険もあるので契約の際に注意が必要です。

また、同居することを前提にして住居を借りる場合はいいのですが、すでに住んでいる部屋に後から同居人が入る場合には賃貸借契約書にその人の名前がありません。契約先に状況が変わることを伝え、どう対応すればいいか相談してください。

同居人をどうしても対象にすることができなければ、別途、火災保険の付帯を考えるのも1つの方法です。しかし余計なお金がかかることなのでよく確認してください。

けっこう面倒くさいと感じるでしょうが、賃貸借契約書などに名前がないと都合の良い時にだけ誰でも同居人になることができるので、悪いこともできてしまいます。

いずれにしても、賃貸借契約を結ぶ際や火災保険の契約をするときに同居人がいること、火災保険で誰が補償の範囲に入っているのかなどチェックしておくことが必要です。

【関連記事】

火災保険、賃貸住宅と賃貸マンションQ&A
借家人賠償責任保険、賃貸物件には必須?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。