サポート終了後はどうなる?

WindowsXP(以降、XP)とMicrosoft(以下MS)Office2003、Internet Explorer 6のサポートが終了する2014年4月9日まで、あと2か月を切りました。

サポートが終了した途端、パソコンやソフトが使えなくなるわけではありません。

しかし、サポート期間終了後は、脆弱性や問題点が見つかっても、今までのようにMS社から無償でセキュリティ更新プログラムが提供されることはなくなります。有償サポートの提供もありません。

セキュリティ対策ソフトが入っていても、OSそのものが脆弱な状態になるため、特にビジネスシーンでの利用には大きなリスクを伴います。

結果的に、知らず知らずのうちに、取引先へウイルスが送られて多大な被害を与える、機密情報が漏えいするといったことが起こりかねない状態になるのです。

XPといえば、この風像

XPといえば、この風像

このような事態になれば当然、「古いOSを使っている企業が悪い」という図式になります。
もはや、XPパソコンを使い続けるという選択自体がNGになってしまったのです。

ここで、いざ、新しいOSへ・・・と思ったとき、現実問題として一番困るのは、「今のパソコン(OS)でしか使えないソフトがある」「新しいパソコン(OS)に合わせてソフトも新たに購入すると、多大な費用がかかる」ということではないでしょうか。

実際、このソフトがなければ仕事にならない、でも新しいパソコンではうまく動作しない、だから仕方なく今のパソコンを使い続けている、といったケースは少なくありません。

Windows8では動作保証のないソフトもありますし、ソフトをバージョンアップすれば動く場合でも、そのバージョンアップにかなりの費用が掛かることもあるからです。