顔に喝を入れて、頭もスッキリ!

イキイキとした表情を作るための顔ヨガポーズが「くちゃくちゃぱっ」。忙しい毎日、疲労と睡眠不足で疲れた表情になってはいませんか? 疲れが溜まると血液の循環が悪くなり顔もむくみやすく、仕事の集中力も下がります。

疲れた表情は周りへのイメージもダウン。忙しい時こそ「くちゃくちゃぱっ」でイキイキとした表情と集中力アップを目指しましょう。

血行が滞ると顔はむくみ、顔色が悪くなります。顔の表情筋を思いきり伸縮させることで血行、リンパの流れを促進し、老廃物を流し顔と脳を活性化させましょう。

朝に行うと一瞬で顔の血流がよくなり、眠気もスッキリ、顔も脳もイキイキとします。頭がぼーっとしていても、ためしに10秒行ってみましょう。前向きな気持ちで一日をスタートできます。

特に顔色が悪い時は数回繰り替えし行うと効果的です。顔色が良くなるだけでも顔の印象はアップします。血行のよい頬は、周りから好感を持たれること間違いなしです。

 HOW TO「くちゃくちゃぱっ」

くちゃくちゃ1

 

1.大きく息を吸って、全てのパーツを中心に寄せ、顔をくちゃくちゃにします。腹筋を使って、口から息を「シューッ」と吐き出します。身体の中の毒素や悪い「気」を全部吐き出すイメージで行いましょう。

 
くちゃくちゃ2

 

2.最後まで息を吐ききったら、軽く息を吸いながら「ぱぁ~っ」と顔の筋肉を外に開きます。

 
くちゃくちゃ3

 

3.息を吐きながら脱力して目を閉じましょう。顔全体がじんわり暖かくなるのを感じてください。

 

お休み前の顔リセット でスッキリ快眠!

夜の「くちゃくちゃぱっ」は一日の顔の疲れをリセットする働きがあります。日中、集中して仕事をしていると無意識のうちに顔が緊張しています。眉を寄せたままにする、への字口でいるなど、表情筋が硬直し、表情グセとなって顔に刻まれてしまいます。

寝る前に深呼吸をしながら丁寧に行うことで、顔の無駄な力が抜けて、顔も気持ちもリセット。次の日に顔の疲れを残さず快眠にもつながるポーズです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。